JLPT文法解説:たるもの N1

用法 接続:N+たるもの 1.~なら後件は当然だ。必ず後件というものだ 2.後件には「そうするべきだ」という話者の強い判断が来る   一緒によく使う言葉 なければならない   比較文型:「ともあろう ... 続きを読む

JLPT文法解説:なりに なりの N1

用法① ~の程度で/の~ 接続:フ(Na・N)+なりに +なりの 1.Xに見合った/にふさわしい 2.Xのレベルで考えれば十分な程度であることを表す     例文 彼は足が遅いが、遅いなりに全力で走っ... 続きを読む

日本語教師のノウハウをプライベートで教えています。詳細はこちら

JLPT文法解説:をおいて N1

用法 接続:N+をおいて 1.Xが一番だ、X以外はない、という時に用いる 2.後件は否定形が多いが、「必ず否定形」と教えると間違いになるので学習者には言わないようにする  ・これをおいて他にあるだろうか この文は後件... 続きを読む

JLPT文法解説:こととて N1

用法 接続:フ(Naな・Nの)+こととて 1.前件なので、後件なのは仕方ない 2.謝罪を述べる時に多く用いる 3.使い方が特殊で、慣用的に教えた方がいい   例文 とっさのこととて突然倒れてきた彼女を支えられな... 続きを読む

JLPT文法解説:めく N1

用法 接続:N+めく 1.完全にXとは言い切れないが、かなりXだと感じる 2.N1らしい文型で、応用がきかない。使.に限って教える 3.「きらめく・艶めく」は単なる語 一緒によく使う言葉 皮肉・春・謎 例文 健康に気をつ... 続きを読む

JLPT文法解説:までだ N1

用法① 軽視 接続:Vフ+までだ 1.「~だけ」と同じ意味用法で用いられる 2.「~なら/たら、~までだ」の形が多い 例文 もちろん、彼らも排除するまでだ それができないなら自殺するまでだ 近付いて来たら落ち着いて駆除す... 続きを読む