JLPT文法解説:つ~つ N1

用法

接続:Vマス+つ、Vマス+つ

1.「~たり~たり」の慣用的な表現

2.使用できる言葉がかなり限られるので、幅のある練習はできない。意味を教えて終わり

 

一緒によく使う言葉

抜きつ抜かれつ・行きつ戻りつ・持ちつ持たれつ・浮きつ沈みつ

 

比較文型:「たりたり

使用できる言葉の制限がかなり緩い。というか何でもいい。
 ・昨日は掃除したり、勉強したりした
 ・娘が結婚して嬉しかったり悲しかったりで、複雑だった
 ×昨日は掃除しつ、勉強しつした
 ×娘が結婚して嬉しつ悲しつで、複雑だった

 

比較文型:「つつ N2

形が似ているが別物。「ながら」「のに」など逆接の用法
 ・悪いと思いつつ万引きしてしまった(逆接)
 ・ランナーは抜きつ抜かれつして走った(たりたり)

 

例文

駅東口で、取材班が行きつ戻りつしている。暑いから取材するのも大変だ。

今日の体温は微熱と平熱を行きつ戻りつ

その煙りは春風に浮きつ沈みつ、流れる輪を幾重にも描いて、紫深き細君の洗髪の根本へ吹き寄せつつある。 夏目漱石

白波の かかる憂き身と知らでやは わかにみるめを恋すてふ 渚に迷ふ海女小舟 浮きつ沈みつ寄る辺さへ 荒磯集ふ芦田鶴の 啼きてぞともに手束弓 春を心の花とみて 忘れ給ふなかくしつつ 八千代ふるとも君まして 心の末の契り違ふな【末の契】

いい意味で持ちつ持たれつな関係なんだろうなって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.