N3文型┃grammar

スポンサーリンク
JLPT

JLPT文法解説:向きだ/に/の N3

用法 接続 名詞だけに接続┃以下接続例    V:なし    A:なし  Na:なし    N:子どもの+向きだ/に/の 意味・使い方 X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉 1.『Xでないものでもいいが、...
JLPT

JLPT文法解説:向けだ/に/の N3

用法 接続 名詞だけに接続┃以下接続例    V:なし    A:なし  Na:なし    N:子どもの+向けだ/に/の 意味・使い方 X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉 1.~をターゲットにしたという...
JLPT

JLPT文法解説:ほど N3~4

用法① 程度・比況 N3 接続:Vジ/ナイ・Aい・Naな・N+ほど(だ/の) 1.前件の程度ぐらい後件だ 2.重要なのは、【前件の程度に達した】場合と、【達していない】場合があるという事  ・死ぬほど疲れた(実際には死んでいない) ...
スポンサーリンク
JLPT

JLPT文法解説:反面/半面 N3

接続 フ(Naな・Nの)+反面/半面 用法 1.一つの事柄に二つの相反する側面がある 2.漢字はより対比的に述べる場合は反面、前件と後件が半分ずつであると述べる場合は半面を用いる ・日本語学校には毎日遊べる人もいる〇反面 △半...
JLPT

JLPT文法解説:かねる N3 「かねる」と「かねない」の違い

用法 接続:Vマス+かねる 動詞のます形+かねる┃以下接続例    V:わかります+かねる    A:なし  Na:なし    N:なし 意味・使い方 X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉 1.①「私はA...
JLPT

JLPT文法解説:ようがない/ようがある ようもない N3

用法① 接続 ます形+ようがない/ようもない    V:書き+ようがない/ようもない    A:なし  Na:なし    N:なし 意味・使い方 1.不可能であることを強調 2.「方法がない」という意味で、単に難しくてできない...
JLPT

JLPT文法解説:み N3 (形容詞の名詞化) 「み」と「さ」の違い

用法 接続:形容詞の語幹+み 形容詞の語幹+み┃以下接続例    V:なし    A:おいしい → おいしみ  Na:なし    N:なし 意味・使い方 1.みんなの日本語50課までの形容詞で「~み」が付く語を大別すると以下...
JLPT

JLPT文法解説:たとたん(に) N3

用法 接続 た形+とたん(に)    V:した+とたん(に)    A:なし  Na:なし    N:なし 意味・使い方 1.後ろに意志× 2.後件はマイナスの事・瞬間的な変化が多い 3.XとYには何かしらの関係性がある事が...
JLPT

JLPT文法解説:がちだ N3

用法 接続:Vマス・N+がちだ 1.「してしまうことが多い」「すぐになってしまう」とマイナスのことを言い表す 2.意志的な文に多いが、無意志的な文でも用いられる  ・曇りがち 一緒によく使う言葉 すぐに・つい ~になり・...
JLPT

JLPT文法解説:最中に/だ N3

用法 接続:Vテイル・Nの+最中に/だ 1.特にその時間内を強調するので、特にそれを強調する必要性が感じられない日常的な文にはこれの代わりに「ている時に」が使われる(初級では「ている時に」は未習。「Vジ/タ時に」は既習」)  △買い物...
JLPT

JLPT文法解説:ことになっている N3

1.「こととなっている」の形も。否定の時は「×ことになっていない」「〇~ないことになっている」 接続:Vジ/ナイ・Aい+ことになっている 用法① ~というルールだから 1.法律よりも弱い程度の規則を示す 2.書いて使うことはあま...
JLPT

JLPT文法解説:を契機に N3

用法 接続 名詞だけに接続┃以下接続例    V:なし    A:なし  Na:なし    N:事件の+を契機に 意味・使い方 X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉 1.Xになった、Xという事柄が生じた/...
JLPT

JLPT文法解説:てみせる N3

用法 接続 動詞のて形+てみせる┃以下接続例    V:して+てみせる    A:なし  Na:なし    N:なし 意味・使い方 X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉 1.話者の意志や決意を相手に表明す...
JLPT

JLPT文法解説:たび(に) N3

用法 接続 動詞のじしょ形と名詞+たび(に)┃以下接続例    V:食べる+たび(に)    A:なし  Na:なし    N:試験の+たび(に) 意味・使い方 X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉 1.前件...
JLPT

JLPT文法解説:という(って) N3~N2

用法① 内容や名前の説明 接続 ふつう形と接続する┃以下接続例    V:する+という/っていう/って+N    A:難しい+という/っていう/って+N  Na:元気(だ)+という/っていう/って+N    N:雨(だ)+という...
JLPT

JLPT文法解説:に反して N3

用法 接続 名詞だけに接続┃以下接続例    V:なし    A:なし  Na:なし    N:期待の+に反して/に反して/に反し/に反する/に反した 意味・使い方 X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉 1....
JLPT

JLPT文法解説:を込めて N3

用法 接続:N+を込めて 名詞だけに接続┃以下接続例    V:なし    A:なし  Na:なし    N:愛の+を込めて 意味・使い方 X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉 1.を入れて よく一緒に使わ...
JLPT

JLPT文法解説:ほどだ ほど~ない ほど N3・4

用法① 程度・比況 N3 接続 Vじしょ/ない形・Aい・Naな・N+ほど(だ/の)┃以下接続例    V:する/しない+ほど    A:難しい+ほど  Na:元気な+ほど    N:去年+ほど 意味・使い方 X:文型の直前に...
JLPT

JLPT文法解説:ほかない よりほかない ほかしかたがない N3

用法 接続 動詞のじしょ形だけに接続┃以下接続例    V:する+ほかない/よりほかない/ほかしかたがない    A:なし  Na:なし    N:なし 意味・使い方 X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉 1...
JLPT

JLPT文法解説:に対して N3

用法① 対象 1.Xを対象として、何かを行ったり、思ったりする、という用法。その行為や思ったことは後件で述べる。 2.助詞「を」で言える場合は無理に「に対して」を使わない。下2つは「行為が及ぶ対象を指す」という「に対して」の用法が使えそ...