2018年10月10日、一日のページビュー数1万超達成!

日本語教師養成個人レッスン

スポンサードリンク

個人レッスンについて

当サイト、『日本語教師のN1et』の管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています。

レッスンの内容

  • 初級の導入から練習、活動までの授業の繋げ方、流れを見たい
  • 中級の”文型”はどうやって教えればいいのか、導入から練習まで
  • 日本語学校就職前の模擬授業の指導、授業初日前の準備
  • 教案ページJLPTページには載せていない授業のアイディアや文型の違い(無料で見られる当サイトにはごく一部、しかも私が昔やっていた古い教授法しか載せていません ※有料版N1et詳細)
  • 1課~50課で学生が間違えやすい文法事項、教師が準備しておかないと困る場面の予習
  • 教科書を使わない授業の組み立て方
  • 各教科別(文法や読解、聴解、語彙)指導法
  • パワーポイントによる授業の作り方・ppt教材作成法(おすすめのプロジェクター)
  • 授業中学生が発話してくれない、居眠りされる、ケータイと、授業運営で悩んでいる
  • 教材の購入(レッスン中お見せした教材は全て購入可能です)
  • 他授業に関する相談

レッスンでは私が実際に授業をしながらご説明します。教案の提出は不要です。模擬授業も必要ありませんが、希望があれば、ご依頼主様の実際の授業を見て私が評価、フィードバックをすることもできます。
本サイトの教案や教え方はずいぶん昔に書いたものなので、現行の私のやり方とは違います

ボランティアで教えている方から、養成講座受講中の方、ベテランの方まで、ご依頼を承っております。

※文章のみ、メールのみでのレッスンは行っておりません。

レッスンの場所

都内山手線沿いです。レンタルスペースを借りてレッスンを行います。

①土日は場所代が割高になってしまいますので、平日のお申し込みをお勧めしています(1時間500円程度)。なお、お二人や三人などでお申し込みすることも可能です。

skypeレッスンも受け付けています。skypeレッスンは振り込みが確認でき次第可能です。例えば、本日振り込んでいただき、レッスンに空きがあれば振り込んだその日にレッスン可能です。場所を借りるわけではないので、場所代も発生しません。メールは常に確認しておりますので、早ければ10分、遅くとも12時間後には返信いたします。

スカイプのダウンロードはこちらの公式サイトから可能です。

お申込みの流れ

  1. 下記お問い合わせよりご連絡
  2. お支払い
  3. 現地かSkypeにてレッスン開始

レッスン料

  • 50分: 4,500円
  • 100分: 7,900円
  • 150分: 10,300円
  • 5回×50分まとめて申し込み: 16,500円

料金は税込み/交通費込みの表示です。レッスン中にお見せした教材は全て購入可能なので、ご要望の際はお知らせください。直接会って行うレッスンは上記料金に1000円追加となります。

「まとめて申し込み」は、レッスンを好きな時に、時間内ならいくらでも受けられるというものです。1回20分でレッスンを受けて残りの230分はまた今度受けたり、1回250分のレッスンを受けるということも可能です。

レッスン受講者の感想

許可が得られたレッスン受講者様のお礼のメールを当ページ下部にあるコメント欄に書いていただきました。レッスンの様子などが少しわかるかと思います。

お問い合わせ

レッスンを受けたことがある方は直接私のメールアドレスにご連絡ください。
私から返信が来ないという方は私のツイッターフェイスブックにリプライかメッセージをお送りください。確実にメールが届きます。

2018年度中は諸事情により、レンタルスペースでのレッスンはご依頼になれません。Skypeレッスンのみです。

メール送信後は迷惑メールフォルダ等をチェックしておいてください。

※送信する前に下記をお読みください。
ご依頼主様の迷惑メールフィルターにはじかれ、私のメールがご依頼様に届かないという方が多くいらっしゃいます。上の送信ボタンを押した後は迷惑メールフォルダ内なども見てお待ちください(数時間以内に返信がない場合は別のメールサービスをお試しください。返信は jn1et@outlook.jp から行います。

上のお問い合わせフォームの『サブメールアドレス』『FacebookかTwitterのアカウント』をご記入いただくと、連絡が届かない際に役に立ちます。記入必須ではありませんが、できるだけご記入くださると助かります。

また、記入されたメールアドレスが間違っている場合、こちらからの返信は100%届きませんので、その際にもサブメールアドレスとSNSが役に立ちます。
私から返信が来ないという方は私のツイッターフェイスブックにメッセージをお送りください。確実にメールが届きます。私がメールを無視する事はありません。

個人情報の取り扱いについて

コメント

  1. M より:

    上級の生徒を受けもったことやJLPT対策の経験がないので、どこから手をつけていいかも分からなかったですが色々なことをご指導いただきありがとうございました。
    学生が間違えやすい文法事項もとてもわかりやすかったです。
    またよろしくお願いします。

  2. NN より:

    本日はありがとうございました。
    今まで自分でもpptを使用していましたが、使用する際の注意点など、学習者の目線で考えられたもので、大変勉強になりました。
    pptの使い方以外でも、文法・読解・聴解の教え方のポイント、学習者が知りたいことがよくわかりました。

    また、あらかじめ場所について入り口のことなど丁寧にメールで頂いていたので、何の不安もありませんでした。
    今後は、初級のレッスンを受けたいです。
    よろしくお願いします。

    • minmin より:

      かきあげ先生

      昨日は急なことではありましたが、
      すぐにレッスンをしてくださり、本当にありがとうございました。

      日本語の教えた方に加え、PCのことも教えていただきました。
      まさに時代にあった日本語の教え方だと思いました。また、
      どんな質問にも嫌な顔をせず、話してくださったことも感激でした。
      本当にたくさん学ぶことがあり、あっという間の150分でした。

      レッスンの場所の行き方が難しいということも前もって教えて
      いただき、先生の繊細な心遣いにも感謝でした。

      またレッスンをお願いしたいと思います。
      よろしくお願い致します。

  3. K より:

    本日は2回目のレッスン有難うございました。今回も大変分かりやすく授業のポイントを教えて頂き、なるほど!と思うことが沢山ありました。とても内容の濃い50分でした。カキアゲ先生のアドバイスを基に、新学期に向けてしっかり準備をしたいと思います。まだまだ教えて頂きたいことがあるので、またよろしくお願い致します!

  4. AT より:

    今日は授業をありがとうございました。楽しくて充実した授業で、50分があっという間でした。重要なポイントを惜しみなく教えていただけて感激しました。もっと早く受講していればよかったです。今日教えていただいたことを取り入れて、何とか実習を乗り切りたいと思います。養成講座では習えないことを教えていただけることが分かったので、是非またよろしくお願いします。

  5. MN より:

    本日はありがとうございました。
    スカイプレッスンに申し込みをしてすぐに連絡をいただき、翌日にレッスンを受講しました。レスポンスが早くとても嬉しかったです。
    明日からでも使えるような具体的なことを色々教えていただきました。日本語教師になったばかりで分からないことも分からない状態ですが、やるべきことが少し見えてきました。
    経験を積みながら、定期的にレッスンを受けたいと思います。
    今後もどうぞよろしくお願いします。

  6. 匿名 より:

    本日はご教授いただきありがとうございました。今まで自分でもpptを使っていましたが、授業中にフルで使う方法など教えていただき、目からウロコでした。自分の中で、今後の授業に対するじくが決まりました。
    お金がありましたら、教材を頼むかもしれません。その時はよろしくお願いします。

    ps:初めて貸し会議室でお会いしましたが、何の不安もありませんでした。あれだけの素晴らしいサイトを作られていらっしゃる方なので、と思っていたので妙な安心感がありました(笑)

  7. モモジロウ より:

    本日は私の不手際でレッスン前にご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。

    なかなかほかの先生に伺っても手の内を見せてくれませんが、カキアゲ先生は具体的かつ丁寧に教えてくださいました。なかなか飲み込みが悪く、いつまでたっても満足な授業ができず、困っていましたがいろいろなアプローチを示していただきました。教えていただいたことを忘れないうちに整理したいと思っています。

    ご紹介いただきましたオノマトペの教材は素晴らしい出来で、感心いたしました。

    今回特別割引料金でお得なレッスンでしたので、割引期間中にもう一度お願いしたいなと思っております。

  8. 匿名 より:

    昨年の秋に受講してからかなり日数が経ってしまってからのコメントになります。すみません。レッスンで見せて頂いたカキアゲ先生の授業はとても分かりやすく面白く、日本語教育に対する熱意をとても感じました。レッスン後、頂いたアドバイスをもとに授業をしたら学生の反応がとても良かったです。昨年は現場1年目で余裕が無く1度しか受講できませんでしたが、是非またレッスンをお願いしたいです。

  9. ZKX より:

    カキアゲ先生

    50音を教えるパワポの教材がとても役に立ちました。本当にありがとうございました。

    中国在住で日本語を教えています。少人数クラスではそこそこ経験があったのですが、今回ここ中国で公立高校でゼロ基礎の生徒に日本語を教えることになり、どうしたものかと色々探していたところ、カキアゲ先生のスカイプレッスンを見つけ受講してみました。パワポの道具があれば50音でさえ楽しく教えられることに驚きました。その後、みん日の1課の教え方も指導していただき、文型を具体的にどういう場面で学ばせると自然かということもよくわかりました。気まずい授業にならないように助けられています。またパワポに自分が使われてしまわない方法、あくまで自分がパワポを使うということが学べたのは大きな収穫でした。先生の実際経験に基づいて作成された教材や指導方法は実践しやすく、おかげさまで、大人数のクラスを教える独特の楽しさもあるものだなと感じています。引き続きスカイプレッスンでお世話になりたいですし、8月か9月頃には日本に数週間帰りますので、その際はお会いしてのレッスンも受けてみたいです。引き続きよろしくお願い致します。

  10. たか より:

    カキアゲ様
    本日はありがとうございました。
    お会いする前のカキアゲ様のイメージは、この業界のアントレプレナー?といいますかイノベーター。
    お会いした今も変わりません。
    それだけイイものを見せていただきました。
    また、何かありましたら宜しくお願いいたします。

    P.S.
    顔が見えないと、不安から「怖い」と思われる方がいらっしゃるのかもしれませんが、
    そこまでの怖さは感じていませんでしたよ。
    こちら側に、サイトを通じて励ましやエールの言葉を時折かけてくださる、暖かいカキアゲさんですから。

  11. ころっけ より:

    先日、就職活動のための模擬授業について、課題をご指導いただき、ありがとうございました。
    教えるにあたって大切なポイントを時間内に要領良く教えていただいたので自信を持って、模擬授業に臨むことができました。
    ご指導の中でも、デジタルツールを使いこなした授業が特に印象的でした。
    日本語教師養成講座では、養成講座の先生の年齢が高くてプロジェクターの使い方はもちろんのことデジタルツールの使い方など教えてくれませんでした。
    カキアゲ様のような日本語に詳しくデジタルに強い方が本気になれば日本語業界の体質も変えられるのではないでしょうか。
    今後、私も紙媒体をできるだけ使用しない形で準備を省力化した授業をしてみたいと思いました。
    機会があれば、またご指導いただきたいと考えております。
    本当にありがとうございました。

  12. 先日のSです より:

    カキアゲさま
    先日は個人レッスン、ありがとうございました。とても有意義な時間を持つことができました。思い切って3時間のレッスンを申し込んでよかったと思っています。

    あまりよく知らない、お会いしたこともない方と会うのは最初は不安でしたが、杞憂に終わりました。もっと教えていただきたいことが後から後から出てきてしまい、あっという間に時間が経ってしまいました。

    みん日30課の「~てある」「~ておく」がやりにくいと訴えたところ、「行為の完了の『~てある』が第二版ではなくなったから、だいぶやりやすくなりましたよ」と、すぐに答えが返ってきたのでビックリしました。
    教材について隅から隅まで目を通して覚えていらっしゃるんだと感心しました。私もその領域を目指したい、ものです!!笑

    ぜひまたレッスンをお願いします。次までに聞きたいことを貯めておきます!
    これからもよろしくお願いいたします。

  13. 匿名 より:

    カキアゲ先生
    こんかいの授業もすばらしかったです。ご指摘の点を授業に100%反映したいとおもいます。
    さて、「丁寧」 の中国語表記の問題で思い出したことがあります。『みんなの日本語』19課の問題の4(P166)で「日本は初めてですか。 いいえ、3年まえに一度来たことがあります。」という文があり、一方『翻訳・文法解説』にはP122の上から13行目 ~たことがあります の解説に This sentence pattern is used to say that one has had a particular experience, without saying when that experience occurred. とあって、特定の日時は書かないという説明があります。この説明にもかかわらず、「3年前」と書くのはおかしいのではないかと出版社にといあせたところ、「without 以下は誤りでした」との趣旨の回答でした。このことも先生のおっしゃった単語と単語がイコールではないということと、同様に文と文とがイコールでない(英語の現在完了形と日本語の「たことがあります」は必ずしも一致しない)と言えるのかなと思いいたりました。
    2017年4月27日