JLPT文法解説:ながらも ながらに ながらにして N1~2

スポンサードリンク

「ながら(も)」用法① 逆接

接続

Vマス・Aい・Na(であり)・N(であり)+ながら (も)
   V:あり+ながら(も)
   A:難しい+ながら(も)
 Na:元気+ながら(も)
 Na:元気であり+ながら(も)
   N:子ども+ながら(も/に)
   N:子どもであり+ながら(も)
※Nは「ながらに」となることもある

 

意味・使い方

1.逆接を表す文型で、用法はほとんどノニであるが、こちらはかなり硬い言い方

2.後件に意志表現は×
×私はこのゲームの必勝パターンを知っていながら、他人には知らせたくなかった。

3.ナガラが同時か逆接を表すかは文脈次第

4.「とはいいながら(も)」という文型があるが、この逆接の「ながら(も)」に「とは言い」が接続したもの。

 

比較文型

つつ N2

ながら N5

 

例文

彼は40度の熱がありながら、学校へ来た。

こちらは新宿にありながら、静かな所で、人気の高い地域だ。

彼は失敗するとわかっていながら、頑張っている。

古いながらも、きれいで、駅に近い家に住むことに決めた。

スポンサードリンク

教師の仕事は大変でありながらも、とても人気がある仕事だ。

彼はサッカー選手でありながら、子どもたちにサッカーを無料で教えている。

初心者ながらに頑張っているつもりです。

職員室で泣いていた担任を見て、子どもながらに、先生も一人の人間なんだと感じた。

 

「ながらに(して)」用法② まま

接続

N+ながら(に)(して)
   V:い+ながら
   V:い+ながらに(して)
   A:なし
 Na:なし
   N:子ども+ながら
   N:子ども+ながらに(して)

 

意味・使い方

1.Xの状態のまま

 

一緒によく使う言葉

「涙+ながらに」この形で使われることが非常に多い。

例:ながらに訴えた。

 

参考文型:「まま N4」

まま N4

 

例文

あの野球選手は生まれながらに野球の才能があった。

彼は寝ながらにして金を生み出すビジネスを確立させた。

彼は生きながらにして伝説となった男である。

この横丁には昔ながらの飲み屋が並んでいる。

時折涙ながらに、言葉を詰まらせながら話し始めた。

人間は生まれながらに平等です。

コメント