JLPT文法解説:にたえる にたえない N1

漢字は「耐える」と「堪える」と二つある。文の意味によって使い分けるが、ひらがなで書くことも多いし、ひらがなで書けば間違えることもない。 「にたえる」用法① する価値がある 接続 Vジ/N+にたえる    V:聞く+にたえ... 続きを読む

JLPT文法解説:というか N2

用法① ~や、~など 接続 ふつう形+┃以下接続例    V:読む+というか+見る+というか    A:うれしい+というか+悲しい+というか  Na:大変+というか+簡単+というか    N:雰囲気+というか+落ち着き+... 続きを読む

JLPT文法解説:にも増して N1

用法 接続 N+にも増して    V:なし    A:なし  Na:なし    N:N+にも増して   意味・使い方 1.~以上に 2.95%は「いつにも増して」という形で用いられ、他は「以前」や「去年/昨年」... 続きを読む

JLPT文法解説:だに N1

用法① 接続 Vジ+だに    V:想像する+だに    A:なし  Na:なし    N:なし   意味・使い方 1.XするだけでもYだ。 2.実際にはそうなっていない、体験していないが、そうするだけでも後件... 続きを読む