36課教案 ように、~ ようになりました ようにしています ようにしてください

スポンサーリンク

教師用メモ

使う動詞の種類に気を付けること。

36課では「ようになります」「ようにしています」という文型を教えるが、それぞれ前に付く動詞の種類が違うので留意しておくこと。

「無意志動詞+ようになります」
日本語が話せるようになりました。

「意志動詞+ようにしています」
日本語を話すようにしています。

「ようになりました」の用法

個人能力の変化(36課で教える) 無意志動詞+ようになります
 漢字がよめるようになりました。

社会的な状況の変化(36課課末の読解で教える) 無意志動詞+ようになります
 船で遠くまで行けるようになりました。
 たくさんの物が運べるようになりました。

社会的な習慣の変化(36課で教えない) 意志動詞+ようになります
 日本人はあまり着物を着なくなりました。
 日本人は洋服を着るようになりました。

能力の変化は無意志動詞を用いる。また、習慣の変化は社会的であっても個人的であっても意志動詞を用いる。
私は漢字が書けるようになりました。

意志・無意志

この課では意志と無意志が深く関わってくる。これの違いと教え方は教師でも難しいので、以下の「意志動詞・無意志動詞とは」でよく予習しておくことを強くおすすめする。

【画像】完全攻略!意志動詞・無意志動詞とは
意志、無意志? 動詞には人の意志を含むもの、そうでないものとで二分することができます。 「食べる」は意志を含む動詞で意志動詞です。「(雨が)降る」は意志を含まない動詞で無意志動詞です。 それでは簡単なクイズをしてみましょう。「食べる」...

教案

ように、V 【前件したいですから、後件します】

無意志動詞のじしょ形/ない形+ように、~
   V:書ける+ように、~
   V:間違えない+ように、~
   A:なし
 Na:なし
   N:なし

- 教える際の留意点-

1.「ように」の前は目的や目標とする状態を、「ように」の後はその目標を達成するための意志的な動作を示す。「ように」の前には、意志を含まない動詞(可能動詞、わかる、見える、なる、など)のじしょ形や否定形が用いられる。

2.L27で既習だが、「可能動詞、わかる、見える」はそれ自体に可能の意味があるので、「見えられる」などにはならないことを確認。
「なる・慣れる」などは状態を表すので、可能動詞の形もない。

3.「ように」もL42「ために」も同じ用法だが、「ために」は前件が意志動詞である点が二つの大きな違い。

4.「ように」の前の動詞は無意志が多いが、前件と後件の主語が違う場合は、「ように」の後ろの動詞に意志動詞もOK(だが、この課ではそれについては教えない)
前件が意志 :子供が勉強するように、私は参考書を買った。
後件が無意志:(私が)わかるように、あなたはゆっくり話してください。
前件が意志 :皆が参加するように、私は手紙を送った。

導入・練習

◆可能であればL27の可能動詞を復習してから導入に入る。

◆「ように」を言わせるキーワードは「どうして後件しますか?」

T:皆さんはどうして毎日日本語を勉強しますか
S:大学に入りたいですから、日本語を勉強します
T:大学に入りたいですから、「入りたいです」は「入れるように」と同じです

大学に入れるように、日本語を勉強します。
 ↓
大学に入りたいですから、日本語を勉強します。

日本語が上手になります、   勉強します
日本語で買い物ができます
日本語で電話がかけられます
どうしていつも枕を持っているんですか
どうしてずっとペンを持っているんですか
どうしていつもメモをするんですか
どうして毎日野菜を食べているんですか
どうしてSUICAを持っているんですか
どうして毎晩日本語を勉強しているんですか

「上手になるように~」「わかるように~」も無意志動詞なのですが、導入に使うのはよした方がいいでしょう。まずは可能動詞のみで導入した後に可能動詞以外の動詞で教えましょう。
学校によっては「意志・無意志」という概念を教えず、「可能動詞のみと接続する」と教える所もあります。学校やコーディネーターの方針を確認しておくといいです。

◆わざと小さな字で文を書く
T:じゃ皆さんこれを読んでください
S:見えません
T:見えますように?
S:見えるように、大きい字で書いてください
T:(わざと小さい声で話す)
S:聞こえるように、大きい声で話してください

◆他適当に例文
学校に間に合うように、? 泳げる 大学に入れる 新聞が読める

◆「車に乗れるように、練習します」「車が買えるように、貯金します」を同時に提出し、可能動詞の助詞の変化のルール(L27)も思い出させる。

◆ここでどんな言葉が「ように」の前に来るか注目させる
T:「ように」の前、ここを見てください。あれ、これ、全部・・・
S:無意志動詞!
T:そうですね。これは全部無意志です。意志動詞はだめです

この段階では意志と無意志の違いを完全に理解させるのは難しいですが、仕方がありません。とりあえずここでは意志についての紹介程度で、L40ぐらいまでに慣れることを目指しましょう。

以下、例文例

  • 恋人が作れるように、日本語を勉強します
  • 聞こえるように、大きい声で話します
  • 見えるように、大きい字で書きます
  • 字がたくさん書けるように、小さい字で書きます
  • 結婚できるように、~
  • 女の人と遊べるように、貯金します
  • 病気にならないように、野菜を毎日食べます
  • 習った日本語を忘れないように、ノートに書きます
  • 名前を間違えないように、メモします
  • 風邪を引かないように、~します
  • 雨のときに困らないように、~します

じしょ形(無意志動詞)+ようになりました N4【個人の能力の変化】

- 教える際の留意点-

1.以前はできなかったが、今はできるようになった事を表す文型(漢字が書けるようになりました)。無意志動詞を使う。意志動詞を使うと違う用法『習慣の変化』になってしまうので注意。
※能力の変化は無意志動詞、習慣の変化は社会的であっても個人的であっても意志動詞を用いる。

2.「なる」はL19で変化を示した。この課では「動詞の可能、わかる、見える」など、能力・可能を表す動詞を中心に扱う。

3.「慣れる・太る・やせる」などのように、元々変化を表す意味を持つ動詞はこの文型では使わない。

4.手引きでは「ようになります」と書かれているが、マスで使われているところは教科書ではなく、全て「~ようになりました」とマシタとなっている。さらにこのマスとマシタで意味が3つ出る
①現在:漢字が書けるようになった。
②未来:毎月100漢字を覚えるから、来年には500漢字が書けるようになる。
③普遍的事実:冬になれば、この町は雪が降るようになる。

5.「少し・やっと・かなり・はじめて・よく・ほとんど」の副詞と一緒に練習する。

導入・練習

L19を復習。19課の絵カードなどを見せて、簡単に形の変化だけを確認する
T:暑いです。なりました。あつ・・・?
S:暑くなりました
T:上手・・・?
S:上手になりました
T:雨・・・?
S:雨になりました
T:い形容詞は「くなりました」、な形容詞は「になりました」、名詞も「になりました」

A
「くなりました」
Na・N
「になりました」

◆導入

T:じゃ、動詞は?
S:?
T:皆さんは日本語が上手になりました。話します、ダメでした。でも、今はできます。日本語が・・・?

日本語が話せる なりました。

T:日本語が話せるようになりました。とても上手ですか
S:まだです。少し話せます

日本語が少し話せるようになりました。

◆「~歳の時、~できるようになりました」という形で導入

T:皆さんは5歳の時、何ができるようになりましたか
S:泳ぎます
T:なりました?
S:泳げるようになりました

5歳の時、泳げるようになりました。

以下、1歳 15歳 20歳 などで学習者ができるようになったことを聞いていき、例文を自由に作っていく。

あまりでなければ、絵カードを見せて発話を促す

  • 泳げるようになりました。
  • 歩けるようになりました。
  • 漢字が書けるようになりました。
  • デートができるようになりました。
  • 自転車に乗れるようになりました。
  • ピーマンが食べられるようになりました。
  • 母を手伝えるようになりました。
  • お酒が飲めるようになりました。
  • 料理が作れるようになりました。
  • 漢字がほとんど読めるようになりました。
  • ?歳の時、ビールが少し飲めるようになりました。
  • ?歳の時、はじめて踊れるようになりました。
  • ?歳の時、やっと一人で寝られるようになりました。

②早口言葉などの難しい言葉や難しいカタカナの聞き取りで「できない→練習する→できるようになる」 流れから「〜(できる)ようになりました」

T:生麦生米生卵、言えますか
S:できません
T:練習しましょう

T:できますか
S:生麦生米生卵
T:これは早口言葉です

早口ことばが言えるようになりました。

じしょ形/ない形(意志動詞)+ようにしています N4【習慣】

- 教える際の留意点-

1.習慣的にあるいは継続的に努力して、ある動作をすること、あるいはしないことを表す

2.意志動詞を使うが、無意志動詞も使える。しかし、教科書では無意志動詞との接続はない
・地震の時はすぐに逃げられるようにしています(教えない)

3.【いつもしていることを言う】文型である
×私は1級に合格するようにしています。
×私は絶対に大学院に入るようにしています。
〇私は大学院に入りたいです。
〇私は大学院に入れるように、勉強しています。

4.「できるだけ・必ず・絶対に」の副詞と一緒に練習する。

導入・練習

◆時間に余裕があれば、L28「~ています」の習慣の用法を復習する

◆導入
T:私の給料はとても安いです。将来がとても心配です。ですから私は毎月貯金するようにしています

貯金するようにしています。

S:先生、貯金していますと貯金するようにしていますは何が違いますか
T:「貯金するようにしています」は貯金が難しいです。

 

給料40万円: 貯金しています。
給料15万円: 貯金するようにしています

T:給料が15万円です、貯金は難しいです。でも、40万円は貯金できます。難しいときは「ようにしています」を使います。

 

T:皆さんは野菜を食べますか
S:食べません。嫌いです
T:わかります。私も野菜は嫌いです。でも、体にいいですから頑張って食べます。嫌いですが、頑張って食べます(頑張って食べることを強調する)

できるだけ野菜を食べるようにしています。
以下、頑張ってしている/していないことで練習
  • できるだけ貯金するようにしています。
  • 私は必ず朝ごはんを食べるようにしています。
  • 必ず恋人に電話するようにしています。
  • ラーメンを食べないようにしています。
  • 無駄な物は買わないようにしています。

◆後件作成練習
①お金がありませんから、
➔ご飯は家で食べるようにしています
➔お酒を飲まない
➔要らない物は買わない
➔デートしない

②いつも遅刻しますから、
➔毎朝8時に起きるようにしています
➔早く寝るようにしています

◆活動「何をするようにしていますか」

T:皆さんは毎晩何をするようにしていますか
S:漢字を覚えるようにしています
S:お菓子を食べないようにしています
T:毎朝何をするようにしていますか
S:日本語の新聞を読むようにしています
S:朝ごはんを食べるようにしています

A
毎朝私は     ようにしています。

毎晩私は     ようにしています。

T:皆さんは学校が終わってから何をするようにしていますか
S:塾へ行くようにしています
T:学校の前に何をするようにしていますか
S:運動するようにしています

B
学校が始まる前に     ようにしています。

学校が終わった後に     ようにしています。

上のAとBをワークシートにして学習者に配布。自由に書かせ、発表させたり、板書させたり、時間がなければ回収して添削する。

 

この活動で学習者が自由に文作してきますが、おそらく「学校が始まる前に、トイレへ行くようにしています」などの違和感のある文がたくさん出てくると思います。それらをピックアップしてなぜだめなのかを説明しましょう。

 

じしょ形/ナイ(意志動詞)+ようにしてください N4 【注意・助言】

- 教える際の留意点-

1.「て形/ない形+ください」:今・直接的。一回だけ依頼
じしょ形・Vナイようにしてください:「長い時間」・間接的で丁寧な依頼。習慣的な依頼

2.これは相手に努力を要請するアドバイスである。話し手は指示する立場の人になるので、下の立場(学習者)が上の立場(教師)に対しては使えない。

3.「絶対に」「必ず」「きっと~でしょう」「ぜひ~」も一緒に教える。

導入・練習

◆身近な学校で許可・禁止されていることを確認しながら導入
T:S1さん、昨日は宿題をしましたか
S:しません
T:宿題をするようにしてください

宿題をするようにしてください。

T:S2さん、昨日何時に寝ましたか。眠いですか
S2:3時に寝ました。眠いです
T:だから授業中寝るんですよ。12時までに寝るようにしてください

12時までに寝るようにしてください。

T:「ようにしてください」は、「いつも~してください」という意味です。宿題も寝ることも毎日、いつもします。ですから、例えば、私が重い机を運んでいます(教卓を運ぶジェスチャー)、あ、S1さん、手伝・・・?
S:手伝うようにしてください?
T:手伝ってください。「手伝う」は今だけです。今机を運んでいます。じゃ漢字の勉強は?漢字テストは毎日ありますね。漢字の勉強を?
S:するようにしてください

「ようにしてください」: 毎日してください

「~てください」: 今してください

◆「L1病院 L3教室・トイレ・図書館・美術館 L5駅・学校 L6レストラン・店 L12空港 L13川 L22アパート L31映画館」などの場所の絵カードを見せて、その場所で禁止されていることを言わせる。

T:ここはどこですか(図書館の絵カードを見せる)
S:図書館です
T:この三人は話しています。ここは図書館です。いいですか
S:だめです
T:注意します。すみません、

すみません、図書館で話さないようにしてください。
T:ここはどこですか(映画館の絵カードを見せる)
S:映画館です
T:この人は映画館でずっとスマホを見ています。映画館の人は注意します。すみません、
すみません、映画館でスマホを見ないようにしてください。

◆フラッシュカードでじしょ/ない形練習
T:皆さん、これは?(「働きます」を指して)
S:働く/働かない
T:これは?(「休みます」を指して)
S:休む/休まない
T:じゃS1さん、これは?(「行きます」を指して)
S1:行く/行かない
T:じゃS2さん、これは?(「帰ります」を指して)
S1:帰る/帰らない
・・・

◆「じしょ形/ナイようにしてください」2つの活用混交練習

◆他例文

  • 絶対に9時までに学校へ来る
  • 必ず毎日宿題をする
  • シートベルトをして車を運転する
  • お酒を飲んだら運転しない
  • 宿題を忘れない
  • 学校に遅刻しない
  • 授業中は騒がない
  • あまり無理をしない

◆活動。やり方は2つ
1つ目:場所の絵カードをペアに配り、その場所で何ができて、何が禁止かを書かせる→発表
2つ目:場所あてクイズ。教師がその場所でしていい事と悪い事を言っていき、学習者がどこか答える
病院:走らない・携帯電話を使わない・一日中たばこを吸わない
トイレ:たばこを吸わない・
プール:ここでは走らない・シャワーを浴びてから入る・食べ物を食べない
駅:ごみはゴミ箱に捨てる・黄色い線の内側に立つ・降りる人が降りてから乗る
映画館:立たない・恋人や友達と話さない・騒がない
教会:騒がない・たばこは吸わない・静かに祈る
西友:買ってから食べる・何も盗らない・逃げない
アパート:小さな声で電話する・夜洗濯しない・夜パーティーをしない

T:ここはどこですか(カードを見ながら言う)。走らないようにしてください
S:図書館
T:(首を横に振る)一日中たばこを吸わないようにしてください
S:レストラン!
T:(首を横に振る)スマホを使わないようにしてください
S:病院!
T:正解。じゃ次はS1さんが先生になってください(と言って前に来るように促す)。どうぞ(カードを渡す)
S1:夜パーティーをしないようにしてください

新出語

・L36必ず 100%    〇1+1=必ず2  ・・・つまり客観的
・L21きっと99%信じる ×1+1=きっと2 ・・・つまり主観的

×朝になればきっと日が昇る
×明日は必ず晴れるよ ←天気予報に100%はない!(×推量 〇希望)
(↑話者の強い願望を表す場合は言う事もあるが、伏せる)

・やっと:望んで待っていること、プラスの事に使うので、「やっと彼が帰った」というと、彼が帰った事について話者が嬉しいと感じている事を表す
・かなり:普通を上回る程度
・絶対に:ここでは否定とともに使う用法のみ扱う
・必ず:「ぜひ」との誤用に注意。ゼヒは望む、勧める気持ちを強めるのに対し、「必ず」は義務感を強めるときに使う。さらに、形容詞や名詞は来ない
×この料理必ずうまいから
×一人で行くのは必ず危ない
×きのうからせきしてるよ。必ず風邪だよ
>>「ぜひ」の使い方
・「できるだけ」は慣用として教えるが、これは分けて考えることができ、中級で詳しく学ぶ
参.だけ(あって/に/まし/でなく) N2~3

授業記録

意志動詞の教授

これまで意志動詞や無意志動詞という言葉は伏せてやってきた。非漢字圏の多いクラスなどでは36課でこの二つの名称を教えずに授業をしたほうがいい。もし教えるのならかなりレベルの高いクラスですること。教えずにやったとしても、この課以降意志・無意志が大活躍してしまうが、質問が出る事はあまりない。例↓
L39手紙を読んで、×国へ帰りました(意志動詞) 〇びっくりしました(無意志動詞)
L42車 〇を買う(意志動詞) ×が買える(無意志動詞) ために、貯金します
L39車 ×を買う(意志動詞) 〇が買える(無意志動詞) ように、貯金します
そして、よく可能動詞とのみ接続すると教える教師がいるが、そうすると以下のようなやりとりになってしまう。

S:わかれるように、勉強します
T:だめ。わかるように
S:どうしてですか。可能動詞でしょ?先生は「可能動詞+ように」と言いました
T:だめなものはだめ
S:はあ?ちゃんと説明しろよ

「わかる・忘れる・(病気に)なる」これら語は可能動詞にできない
しかし、肝心なのは、教師は知っておくという事。かなりレベルの高いクラスですること、と述べたが、自分が下クラスで教えていても質問はくるときはくるので、常に意志無意志について説明できるようにしておく。

移動動詞は自動詞か他動詞か

結論から述べると、自動詞である。問題は助詞

行く:Pへ/に(動作の向き)
渡る:Pを(行為が行われる場所)

自動詞だが、ガをとらない。他動詞は【行為の影響が他に及ぶ動詞】の事。移動する事で影響が及ぶのは自分(疲れる)か地面(痛がる)ぐらいなので、自動詞という事になるのだが、この他に影響が及ぶという話は自他が出る時点ではまず理解不能で、何度か試みた事はあるが、無駄なので、やめた方がいい。
それから、よく学生が言うのが「公園で散歩する」。これも先生によって意見が分かれて大変面倒。【使うから教える派】と【何でもかんでも教えてはいけない派】。もちろん誤用ではないが、テストの採点基準が面倒なのでテスト前はヲで徹底し、テストのフィードバック時に「デも言うよ」が折衷案で無難。

考察

意志動詞か無意志かは区別が難しいものもある

「忘れないようにしてください」という文に対してどちらとは言えない。このような文は多い
※意志か無意志かは文脈による場合もある。
家を出る・水が出る
教師になる・病気になる

「意志+ようになりました」

みん日では扱わないが、【習慣の変化】の用法でなら、「意志+ようになりました」も使える

日本人は約400年前からズボンを〇はく×はける ようになりました
日本語の新聞を読むようになった(習慣の変化)
日本語の新聞を読めるようになった(能力の変化)
日本人は昔魚しか食べませんでしたが、今は肉も食べるようになりました(習慣の変化)
日本人は着物を着なくなりました(習慣の変化)

祈願文

後件を省略すると祈願文になるが、形は「ますように」と丁寧体が使われる
・病気が早く治りますように ・お金持ちになれますように

さらに、この二文を比べる
・(私は)早く退院しますように
は×だが、
・彼が 早く退院しますように
とすると、△となる。退院するのは私でなく、彼なので、意志性が薄くなり可となる。

コメント