46課教案 ところです ばかり はず

教師用メモ

  1. 「ところ(所)」はL8で空間的場所で既出。L46は時間的位置を指す
  2. 全て無生物などに使えないことなどからもわかるが、無意志動詞は不可
  3. トコロは「ちょうど今(から)」などを表すので、教室内での導入ではやりづらい。QAやPCでやる
  4. この初級のトコロの用法は実に簡単で楽しいのだが、簡単過ぎてなめてかかるSも出る。しかし、実はこのトコロ、中級で非常に様々な使い方をし、かなり面倒な文型なのだ。
    【ところ+『だ』『だった』『に』『を』『が』】など、他にも偶然の発見など(先生に聞いたところ、答えがわかった)、JLPT文型中でも使い方が多い部類。ここで少しでもトコロに馴染んでもらうのと、負担を少なくする事を目指す

教案

Vジ+ところです 【直前】

1.ある動作が始まる直前であることを表す

2.トコロがNである事を教える

3.導入はTのGで、「今からするぞ!」というGで巧みに

4.トコロダもヨウダも文の中に必須の言葉ではない。「たった今仕事が終わったところだ」と言おうが、「たった今仕事が終わった」と言おうが、意味に大差はない。ここで一度、「中級ではこんな文型を勉強する」と予備知識を与えることで、モチベーション向上をはかることもできる

5.時間がかかるもの・瞬間動詞は×
×育てる 結婚する +ところです
「飲む」や「食べる」は直前の動作や雰囲気でこれからする!というのがわかるが、旅行や結婚の直前の動作はない事を示す

6.無意志も×
外れる/咲く/降る×ところだ〇そうだ


導入・練習

◆「Vジところ」が一番正しく使える状況
A:ちょっとー!皿置きっぱなしなんだけどー! B:ち、違うよ。今洗うところだよ
と何かやっていない事を責められた時に「今からやるところだったんだよ」と言い訳する時に使う。「ところだった」はもちろん言えないため、「ところだ」で教授

◆T:(準備運動をし、ダンスをする構え)ダンスを…?するところです
飲む・書く・テレビを見る・勉強する・新聞を読む・吸う・謝る

◆「歌を歌います」と「歌を歌うところです」をGで違いを示す

◆休み時間・朝/昼ごはん
T:もう休みましたか S:これから休むところです

Vテイル+ところです 【最中】

1.ある動作がまさに行われている最中であることを表す


導入・練習

◆Tが何かしているG。Sに声をかけてもらう
S:すみません、先生!
T:え?(WBを向いてギターを弾くG)ちょっと待って今弾いているところです

A:今から遊びませんか B:今勉強しているところだからまた後で

Vタ+ところです 【直後】

1.ある動作が終わった直後であることを表す

2.「~ところ」は「です」の他に、助詞「へ、を、に、で」を伴う表現、「彼女と話しているところへ友達が来ました。」などもあるが、それらを扱うのは中級


導入・練習

◆トコロの最後なので、他2つも復習がてら入れつつ、導入すれば理解の助けにもなる。
例えばある外国人が日本へ来て、日本語学校で勉強し、成長していくまでを紙芝居(作るのは大変だが)のようにして物語風にやってもおもしろい
日本へ行く留学生 テカラ教材使える
これから日本へ行くところです
飛行機に乗っているところです
日本に着いたところです
バスに乗るところです
降りたところです

Vタ+たばかりです N4 【直後】

1.ある行為や出来事が行われてからすぐに、という話者の気持ち

2.バカリは形式名詞なのでNと同様の扱い 「ばかりなのに」
ノニだけだと、Naと勘違いされるので、「ばかりの」も提示すること
・去年結婚したばかりの人はS1さんです
・買った~の時計 ~なんです ~なのに、壊れた

3.バカリは話者が直後だと思えば、昨日だろうが、先週、先月、場合によっては「2年前」でも使える
・この家は2年前に建てたのに、~てしまった


導入・練習

◆人生であまりしない事を提示。直後なのでバカリとトコロ両方使える文を提示→トコロでは言えない程時間の感覚をあけた例文を提示
両方可
ごはんを食べた
トコロ不可
日本へ来た
卒業する 入学する 家を建てる 会社に入る

◆後作
さっき食事したばかりなので、今お腹がいっぱいです
3か月前に日本語の勉強を始めた~ので、まだ上手に話せません
たった今家に着いたばかりなのに、また出かけなければならない

◆QA。【Q~か Aはい/いいえ、~ばかりです】
A日本に長く住んでいるんですか Bいいえ、半年まえに、来たばかりです

◆後作【ばかりです+から】→カラをノデに変えて練習
さっき起きたばかりなので、食欲がありません

◆トコロ・バカリ違いをLCで


T:私は去年引っ越ししました。でも今年引っ越ししました
S:ええ、早いですよ
T:早いですか。みなさんは一年に何回引っ越ししますか
S:3年に一回します
T:普通引っ越しはそうですね。去年引っ越し、今年また引っ越し。
去年引っ越ししたばかりなのに、今年また引っ越ししました

◆【ばかりなのに、~てしまいました】
買ったばかりなのに、もう壊れてしまいました

フ(Naな・Nの)(全て現在形のみ)+はずです N4 【必然】

1.自分自身には使えない
×私は結婚するはずです

2.否定形は「Vナイはずだ」で教授。「~はずがない」は非扱

3.推量用法まとめ
はずだ  でしょう   と思う   かもしれない


導入・練習

◆「かもしれない」で推量という概念を思い出す→ハズダはそれ以上に確実性が高い事を示せる文型
T:S1さん(必ず授業途中で寝る)はいつも寝ますね。今日は…何時に寝ますか
S1:先生!今日は寝ません!
T:ええ、本当?まだ起きていますが…11時ぐらいかなあ
S1さんは11時に寝ると思います → S1さんは11時に寝るはずです

◆QA
Q先生は結婚できると思いますか Aはい/いいえ、できるはずです
旅行にいくら要りますか
専門学校に行くのにいくら必要ですか

◆QA。Aの前件はノデでやる
Q荷物は今日着きますか Aきのう宅配便で送りましたから、着くはずです
あのレストランはおいしいですか いつも込んでいます

授業記録

みん日を二つに分けるなら

L29が境目だとL29で言ったが、L45とL46の間にも大きな壁があるように感じる。それはL46からの文型である。トコロダもそうだが、L47のヨウダなども非常に「中級らしい」文型である。トコロダもヨウダも文の中に必須の言葉ではない。「たった今仕事が終わったところだ」と言おうが、「たった今仕事が終わった」と言おうが、意味に大差はない。だから、使おうともしないのだろうし、覚えもしない。
上述したが、「中級ではこんな文型を勉強する」と予備知識を与えることで、モチベーション向上をはかることもできる

考察

L23「~と」とハズダの比較

トも『高確率で物事が起こる』ことを表す文型だが、ハズダの方がより主観的であり、さらに、トはおおむね100%を表すが、ハズダはそうとは限らない。
・(飛行機事故で母親の安否がわからない息子の一言)母は生きているはずだ
飛行機が墜落し、生きている確率は0に近い。息子もそれはわかっているが、「生きていて欲しい」という希望を普段は高確率を表すハズダを使って言っているのだ。
では、トとハズダ、2つを同時に使った場合、どうなるのか。
・暖かくなると、桜が咲くハズダ
誤用ではない。確実性の高い事実を客観的に表すトと、希望など主観的な推量を表すハズダ、矛盾しているようだが、これは飛行機の例文同様、希望を表すものとなる。例えば、なかなか花が咲かない桜の木を見ながら
・もう少し暖かくなると、桜が咲くはずだよ
と言えば、かなり自然に聞こえる

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA