JLPT文法解説:どころか N2

接続:フ(Naな・N)+どころか

用法① Yの強調

1.Xを一部(2.)または全て(3.)否定し、Yを強調する

2.後件が肯定文の場合「Xはもちろん、それより程度の重いYもそうだ」
 ・米は日本~世界中で食べられている

3.後件が否定文の場合「Xはもちろん、それより程度の軽いYもそうではない」とXもYも否定する文になる
 ・彼は酷いケガで、歩く~立つことすらできなかった

例文

米は日本どころか世界中で食べられている

彼は酷いケガで、歩くどころか立つことすらできなかった

用法② XよりもYだ

1.Xよりも程度の重いY、と述べる時に使う。Xはもちろん、という意味にも

2.XとYは同種のものが多い。同種でないこともあるが、違和感がある
 ・彼は頭がいい~性格までいい
 ?彼はハンサムな~性格もいい

例文

彼は町では有名どころか知らない人はいないほどだ

用法③ XではなくYだ

1.XではなくYだ、というYを強調する言い方。

2.目の前の人が言った事に対し、それを否定または、確認する時にもよく使われる

程度の対比を表す文型

はおろか N1」  「ばかりでなく N3

うえに N3」  「のみならず N2

どころか N2」  「ばかりか N2

にかぎらず N2」  「だけでなく N3

はもとより N2

例文

一人でよく来られたね。迷わなかった? …迷うどころか簡単に着いたよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください