11課教案 Nが助数詞ありますいます 期間に~回Vます 「つ・人・台・枚・回」

教師用メモ

  1. L10の「P『に』~あります」とL11「P『で』Nを助数詞買います」の混同に注意
  2. 「PにNが助数詞あり/います」は扱っているが、「PでNを助数詞買います」は非扱い

教案

Nが一つあります  → PにNが一つあります

1.まずは助数詞が入った文に慣れさせるため、場所は省いて導入練習→「<場所>に~」を入れて練習


導入・練習

★PC場所★みかん★PCりんご・たまご・かばん・かぎ・いす・ベッド

1.アリマスの前の助詞確認

◆まずはL10の「<物>があります」を思い出させる
T:みかん・・・?あります
S:みかんがあります

T:みかんがあります。みかんが・・・(1つ・2つとゆっくり見せながら発話を促す)
S:みかんがひとつあります。みかんが2つあります。

◆色々な物を見せながらSに発話させていく
1.数える物の名前の確認をする
2.それぞれの物の数を変えながら発話させていく
T:りんご?(りんごが4つあるPCを見せる)
S:りんごがよっつあります
T:(PCのりんごを紙でいくつか隠す)
S:りんごがひとつあります

~が一枚/台あります

1.A-2で「~つ」以外の助数詞が入る 枚・台(「~人」はA-3)

2.「枚・台」は簡単過ぎるので、時間がなければ「つ・枚・台・人」の導入を一気にやり、練習も混ぜてやると学生も退屈しない。一つ一つ導入→練習とやると退屈。ただ「つ・人」の練習の比重は重くする


導入・練習

枚↓
★PC切手・はがき・封筒・写真★紙・シャツ・CD
台↓
★PC車・パソコン・自転車・テレビ

◆枚・台の口慣らしから始める(言えない場合読み方を板書)
1.数える物の名前を確認
2.PCなどを見せながら、「枚」の数え方を言わせていく
T:(はがきが3枚書かれたPCを見せ)これは?
S:さんまい
全体リピート→個別に言わせる
3.「台」も同様に数えていく
全体リピート→個別に言わせる
4.「枚」「台」を混ぜて練習(全体→個別)

◆助数詞のみが違う事を意識させながら、文の中で使えるようにする
(まずはA-1を思い出させ、他の助数詞を入れる)
T:みかん(を一つ見せる)
S:みかんが一つあります
T:(2つ見せる)
S:みかんが二つあります
T:(はがきが四枚書かれたPCを見せる)
S:はがきが四枚あります

板書 はがき が よんまい あります

(他の物でも全体で言わせていく)

板書 車 が よんだい あります

◆紙やPCを使って、何枚あるか、何台あるかを言う
T:はがきが一枚ありますか。はがきが二枚ありますか。はがきが・・・?
S:はがきが何枚ありますか

板書 はがき が なんまい あります か

(他の物でも全体で言わせる)
板書 車 が なんだい ありますか


1.PCを使い、質問と答えで教室を半分にして、全体で言わせる
T:これは何ですか
S:シャツです
T:じゃこちら(教室右半分)の人、質問お願いします
S:シャツが何枚ありますか
T:答え(教室左半分を指し)
S:5枚あります
(質問と答えを時々交代させながら全体→個別に当てて練習)

~を一つ買います

これは他と異質で、存在文ではない。助詞などの混乱を避けるため、他の日にやるか、同じ日にやるなら、「~つ」以外の助数詞が入った後に入れる。そうすれば「買う」以外のヲをとる他の動詞が使えるので、練習の幅も広がる


導入・練習

◆助詞に注意させながら、導入。まずは「買います」の助詞を確認
T:みかん、買います。助詞は?
S:みかんを買います
T: (みかんを1つ・2つとゆっくり見せながら)みかん
S:みかんをみっつ買います

板書
みかん を みっつ 買います

~をください・送ります・食べます・撮ります・もらいます

~が一人います

1人と2人以外は枚・台同様簡単。4人は「よんにん」「しにん」に気を付ける


導入・練習

★箱★みかん

◆まず3人~10人→1人、2人と入れる。1人~10人を板書していき、上に読み方書く

T:何ですかこれは
S:にん
T:(指を3本立てる)さ・・・?
S:さんにん
・・・
S:じゅうにん
T:じゃこれは?(指を一本立てる)
S:ひとり
(板書した~人を指して全体リピート→個別に言わせる)$

◆最初に長い文「<場所>に<物>があります」の形を練習後、A-3に入る
T:みかんがあります。みかんが・・・(1つ・2つとゆっくり見せながら発話を促す)
S:みかんがひとつあります。みかんが2つあります
T:(みかんを箱に入れる)箱、みかんがあります
S:箱にみかんがあります

板書
箱 に みかん が ひとつ あります

◆教室にいるSの数を数えて「~人」を入れる
T:ここは教室です。皆さんは学生です。教室、学生、います?あります?(発話を促す)
S:教室に学生がいます

板書
教室 に 学生 が 10人 います

(「学生が~人います」だけで全体で言わせ、個別にも言わせた後、「<場所>に」を加えてさらに口慣らし)

◆<場所>や<人>を変えて練習
T:(PCスーパー、PC男の人を見せ、発話を促す)
S:スーパーに男の人が3人います

T:学生が一人いますか。学生が二人いますか。学生が・・・?
S:学生が何人いますか
T:教室・・・?
S:教室に

板書
教室 に 学生 が 何人 います か

教室に男の人・女の人が何人いるか聞く

◆AとBでそれぞれ違う一組のシートで「いくつ・何枚」や「何人」をPW練習
1.シート配布。やり方説明
T:S1さん、男の人が何人いますか
S1:三人です
T:(紙に書くG)紙に書きます
T:私の家族は(家族のPCの姉や父などを指しながら)四人です。父と母と姉がいます。
S1さんは?
S1:~

板書
わたしの家族は 4人 です。父と母と姉 がいます

T:(姉が二人いることを手で示す)姉・・・?
S:姉が二人います

板書
家族は 何人 ですか
5人です。父と母と姉 が2人います

◆大家族の所があったらそこで盛り上がれる
1.シート配布。やり方説明
T:S1さん、家族は何人ですか
S1:三人です。母と~います
T:(Tを指さす)
S1:先生の家族は何人ですか
・・・

3.教科書を閉じさせ、練習開始→発表
T:S1さん、S2さんの家族は何人ですか
S1:S2さんの家族は~人です。父と母と ←注意!
T:父!?
S1:お父さんとお母さん~

◆最後にいろいろな助数詞を混ぜて練習

<期間>~ます

1.使う期間名詞:~時間・~日・~週間・~か月・~年

2.最後の動詞はなんでもいいわけではない(×1時間買います)

3.「~日」はL5で日付としては「ついたち」、期間は「いちにち」

4.疑問詞は「何時間/何年」のようになる。そして全てを一括した「どのくらい」も使われる


導入・練習

◆どのくらい何をしたかのQA
Q先月何日学校を休みましたか A4日休みました

◆QAだが、疑問詞が全てドノクライ
Q先月ドノクライ学校を休みましたか A4日休みました

<期間>かかります


導入・練習

◆学生達の国に実際に送る事を想定して
1.TSでQA
T:これは韓国まで速達でいくらですか(500円と板書)
S:500円かかります
T:どのくらいかかりますか(3日と板書)
S:三日ぐらいかかります

Sに自分たちの国に送ったことがあるか、お金と時間はどれぐらいかかるか聞く

<期間>に~回~を~ます


導入・練習

★どうしてカード
★PC会います・食べます・寝ます・電話します・習います・来ます・帰りますなど
◆状況を与え、いつ使うか入れる
1.曜日カード
T:映画が大好きですが、あまり見ません(どうしてカード見せる)
S:どうしてですか
T:忙しいですから
2.と言いながら月~金の下に×を書いていく
T:でも土曜日と日曜日見ます。

板書
月火水木金土日
× × × × × ○ ○
1週間に2回

◆最初は「~回~を~ます」に限って、次に「~回~へ/に~ます」など幅を広げ練習
「~回~を~ます」
一日に何回ごはんを食べますか
1週間に何回~先生に日本語を習いますか
1週間に何回学校を休みますか

「~回~へ/に~ます」
一週間に何回恋人/彼/彼女に会いますか
1日に何回寝ますか
1日に何回家族/恋人に電話をかけますか
1週間に何回学校へ来ますか
1年に何回国へ帰りますか

◆クイズ式の聴解問題
飽くまでクイズなので、変な文もあるが、気にしない
①しんくんは月曜日から金曜日まで学校へ行きますが、今週の水曜日だけ学校を休みました。しんくんは1週間に何回学校へ行きましたか4回
②しんくんは9/10と9/27に映画を見ました。しんくんは1カ月に何回映画を見ましたか2回
③木村さんは6か月に4回国へ帰ります。木村さんは1年に何回国へ帰りますか8回
④松本さんは木村さんに2週間に1回りんごを1つもらいます。松本さんは1カ月にいくつりんごをもらいますか2つ
⑤松本さんは6時間に一本 (一回)たばこを吸います。2日に何本吸いますか8本
⑥松本さんは2か月に5回木村さんに会います。6か月に何回会いますか15回
⑦スミスさんは1週間に5回学校で日本語を勉強します。2か月に何回日本語を勉強しますか40回
⑧木村さんは月曜日の午前7時にたまごを10買いました。水曜日の午前7時、たまごは3つありました。木村さんは2日にいくつ食べましたか7
⑨山田さんはりんごを3つ買いました。それから友達にりんごを2つあげました。山田さんの友達はりんごがいくつありますか1つ
⑩山田さんは昨日友達にりんごを2つもらいました。山田さんはりんごを1つ食べました。1つは弟にあげました。山田さんはりんごがいくつありますか0
⑪山田さんはアイスクリーム10を買いました。それから友達に6つと家族に4つあげました。山田さんはアイスクリームをいくつ食べましたか → 食べませんでした

新出語

  • だけ:の使い方に注意。ダケの後に助詞が来ない事に留意させる
  • かかります L11:時間/お金が L29:鍵が L35:電話が
  • 「兄」につられて「あ兄(にい)さん」となる誤用頻発
  • はがき・封筒・書留・速達の違いがわかりにくい。実物などを見せ示すと良い

プリント

助数詞を扱ったプリント

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA