JLPT文法解説:ばかり N1~4

バカリ族7種

たばかりだN4 ➀直後L46
 ・去年結婚した~だ

ばかりだN2 ②(マイナスの)継続
 ・成績は悪くなる~だ

ばかりだN4 ③(マイナスの)過多・不満
 ・彼はお菓子~食べる  食べて~いる

ばかりかN2 ④累加
 ・漢字~か、ひらがなさえ書けない 電気代~か、水道も値上が

ばかりにN2 ⑤(マイナスの)原因
 ・勉強しなかった~に、不合格だった

ばかりでなくN3 ➅だけじゃなく
 ・仕事~プライベートも充実させたい

とばかりにN1 ⑦~のような様子で
 ・登山の途中、彼は休もう~その場に座った

数詞+ばかり くらい・約・だいたい

用法① 直後N4

接続:Vタ+たばかりだ

46課

用法② (マイナスの)継続 N2

接続:Vジ+ばかりだ

1. バカリN4の本来の意味は「~が多すぎる」という意味であり、そこからの派生としての用法がこれなので、意味が似てしまうが、こちらは変化の動詞を使って「ある状態が悪い方にそのまま進行し続ける」ことを表す。「悪い方に」というのがバカリN4の名残りであり、イッポウダとの違いをはっきり示せる

2.Xが変化する動詞かどうかで用法が分かれる

3.派生なので、接続できるものもバカリダより少ない

4.「忘れる」などの、「繰り返し行わない動詞」は×
 ・日本語は使わないと、忘れる×ばかりだ 〇一方だ
 (ちなみに、「忘れる」は【覚えている→忘れる】という変化を表す)

5.プラスは×

例文

彼の成績は悪くなるばかりだ

用法③ Nの過多 N4

接続:Vテ・N+ばかり

1.多すぎることに対して、話者の不満や非難の気持ちが出る
 ・毎日×日本語〇漢字ばかり勉強している(日本語のために学校にいるのだから×)

2.その動詞に対して使うNが極端に少ない場合は×。例えば食べるものはたくさんあるので、「お菓子ばかり」はいいが、吸うものはタバコぐらいしかないので「たばこばかり」とは言えない
 ・×たばこばかり吸うと、病気になる(たばこ以外に吸うものはない)
 ・たばこを〇吸ってばかりいると、~

3.2にも関係することだが、バカリがどこに付くかが大切
 ×たばこばかり吸っている
 〇たばこを吸ってばかりいる

4.不満を述べない場合もあり、その場合は単に「~だけ」という意味になる
 ・私は美少女ばかりに優しいわけではないんですよ
 ・全てが初めて知るものばかりで楽しいです

参.すぎる

例文

忙しいから、ファストフードばかり食べている

勉強しないで、ゲームしてばかりいる

一つのミスにとらわれるとそればかりに気が向いてしまって視界が狭まる

目新しい物ばかりに目を向ける

安易で効果のないことばかりに時間を浪費するのはやめよう

現在の企業の経営者は無責任な守銭奴ばかりになってしまっている

組織に身を捧げるということばかりに価値を置きすぎている

お取引中至らぬ点ばかりに加え、お礼が遅れ恐縮です

用法④ 累加 N2

接続:Vフ・Aい・Naな・N+ばかりか

1.XとさらにYも~だ

2.バカリカは他の「だけじゃない族」の中でもYを強調

3.「XとYも」を表すので、「さえ・すら・も・まで」などYを強める言葉と併用が多

4.+も-もいいが、他のバカリの用法に引っ張られ、文脈によっては-の意味が出てしまうことがある

比較文型:「のみならず N2

比較文型:「ばかりでなく N2」

バカリカの方が話者の強い気持ちを言う
 ・あの先生は日本語ばかりでなく、英語も教えている(←単なる累加)
 ・あの先生は日本語ばかりか、英語も教えている(←先生英語も教えられるんだ!すごい!という気持ちが出るので、「〇教えている」「◎教えられる」。この文にマイナスの意味は現出しない)

例文

あの先生は日本語ばかりか、英語も教えている

用法⑤ (マイナスの)原因 N2

接続:Vフ・Aい・Naな・Nである+ばかりに

1.前件「だけ」が理由で悪い結果になった

2.後悔、残念な気持ちを表すことが多い。それだけのためにこうなったという強い批判・非難、後悔の気持ちが入る

例文

友達の保証人になったばかりに、私が今友達の借金を払っている

妻に酷いことを言ってしまったばかりに、離婚することになった

適当な写メを送ってしまったばかりに、それ以来連絡がとれなくなってしまった

用法⑥ ~だけでなく N3

接続:Vフ・Aい・Naな・N+ばかりでなく

1.XとさらにYも~だ

2.後件に働きかけのある文も〇。意志も〇だが、使う場合は前件に対しての話者の非難の気持ちが出る
 ・考える 〇ばかりでなく ×ばかりか、早く書き始めなさい  
 ・車 〇ばかりでなく ×ばかりか家も欲しい

程度の対比を表す文型

はおろか N1」  「ばかりでなく N3

うえに N3」  「のみならず N2

どころか N2」  「ばかりか N2

にかぎらず N2」  「だけでなく N3

はもとより N2

例文

乗り物は速さ~、安全性もないとだめだ

用法⑦ ~のような様子で N1

接続:Vフ/V命令・A・Na・Nのフ+とばかりに

1.実際に言うのではなく、いかにもそのような態度や様子である動作をする

2.接続3gV「する」→「せん」

例文

登山の途中、彼は休もう~その場に座った

今がチャンスだとばかりに

ここぞとばかりに大して普段つぶやかないBIGBANG好きでもない人がBIGBANGとかTOPとか呟く

ここぞとばかりにしつこい程やる

渡りに船とばかりに

まるで整形を悪だと言わんばかりに叩くけどコンプレックス解消するのはいいことだと思う

夏、その身が裂けんばかりに震わせる蝉

用法⑧ くらい・約・だいたい

接続:数詞+ばかり

概数を表すもので、同様の言葉「~くらい」と同じ意味ではあるが、あまり使われない
 ・3人~足りない

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA