6課教案 いっしょにませんか(誘いのQA) 日常の基本的な行動 対象のヲ(初他動詞) PでV 何も

教師用メモ

  1. この課は助詞について詳しくやっていくが、助詞の使い方・用法、説明の仕方などを画像でわかりやすく説明したページを作ったので、見ておくことをおすすめする。画像はそのまま授業で使えるので、是非活用してほしい。

初級(しょきゅう)の9つの助詞(じょし)の用法と使い方 練習問題つき

初級で提出される動詞の種類

L4 目的語をとらない自動詞(働きます)
L5 移動動詞(行く・帰る)
L6 目的語をとる他動詞(食べる・書く)

口慣らし

この課では<場所>や動詞をたくさん使うので、それぞれの文型に移る前にはしっかりPCで口慣らしをしておく

教案

~を~ます

1課から6課までで使える動詞は以下のみだが、未習語を導入して練習に幅を持たせたりしてもいい

関連

未習語が使える条件は2つ

1gV
飲みます・吸います(たばこを)・聞きます(CDを) ・読みます・書きます・買います・撮ります(写真を)・会います(友達に)
2gV
食べます・見ます*
3gV
します・(宿題を)します・(テニスを)します・(サッカーを)します・(お花見を)します・勉強します


導入・練習

★動詞PC

◆動詞PCを見せていき、動詞だけでなく、目的語も併せて言わせていく

◆QA。最初は時制抜きで→時制も加えて練習
Qたばこを吸いますか Aはい、吸います

◆疑問詞『何+動詞』のQA
Q何を買いますか Aかばんを買います

何も~ません

言われて嬉しい言葉ではないので、この表現はあまり強調せず、軽く扱い(これについては『授業記録』で後述)、あくまで助詞の使い方を学ぶことを目的に教授する。以下は「~も」を教える際の注意点。赤い矢印の部分に留意させる。


導入・練習

◆疑問詞『何』のみのQA。
Q明日何をしますか Aデパートへ行きます

◆それから導入


1.PCを見せながら二つの文を「それから」で繋げる
T:この人は何をしますか
S:宿題をします
T:これは?
S:CDを聞きます
T:宿題をします。それからCDを聞きます

~で~を~ます

1.この文型の前に入れてもいいが、「いつも・時々」は場所と共に使われるのがL6内でなら最も自然だろう

2.疑問詞ドコはL5で既出だが、L5では【へ+移動V】のみで、L6は【で+V】が入る


導入・練習

★PC人物★PCマック・西友・ほか適当な場所PC

◆日曜日に何をしたかお互いのやったことを話す
A日曜日何をしましたか B手紙を書きました。それからビデオを見ました。田中さんは? A私は京都へ行きました

◆疑問詞どこQA。「どこでVます/ましたか」で相手にその動作をした場所を尋ねる。LCにはL5【へ+移動V】・L6【で+V】も混ぜて練習する
Aどこで写真を撮りますか B庭で撮ります

◆話し手と聞き手が一緒に行う行為を提案、誘う
S1を前に呼び、場所PCをWBに一枚。偶然会ったようにして、会話。最初はTがAさんだが、次は交代して、場所PCも入れ替える
Bあ、Aさん!こんにちは。 ABさん、いつもこの店で本を買いますか Bええ A私も時々ここで買います

いっしょにVマス+ませんか 話し手と聞き手が一緒に行う行為を提案、誘う

1.これの答えとして次の文型があるので、できるクラスならまとめて教えてしまってもいいが、その場合、「ませんか」「ましょう」は形が全然違うので、しっかり口慣らしなどはFCでやっておくこと

2.「Vマス+ませんか」と教えるよりも、「現在否定形+か」と教えた方がいい

3.用事がありますから~
答えとしてこれを頻繁に言う学生がいる。簡単なフレーズで、言いやすいので嬉々として言いたがるが辞めさせる。いつもいつもこればかり言っていてはまずい。


導入・練習

◆動詞の現在否定形をFCで練習
◆6課までのPCを見せ、状況を与えて、「ませんか」を導入する
T:(PC飲みますを見せる)私は昨日友達とお酒を飲みました(楽しそうに飲むG)。今晩もお酒を飲みます。一人で(寂しそうに飲むG)あ、S1さん、今晩いっしょに飲みませんか
S1:はい

板書
今晩いっしょに飲みませんか
ええ、いいですね

◆断り方
T:私は明日韓国へ行きます。一人で?ええ、いやです。S1さん、一緒に韓国へ行きませんか

板書
すみません、~はちょっと・・・(友達に会います)
(「今晩」を他の時に変えて練習する)

◆ここで一度動詞のPCを見せながら「Vませんか」の形を口慣らし

◆ネットワーク
T:S1さん、今晩いっしょに飲みませんか
S1:ええ、いいですね
T:S1さん、S2さんに(言うよう促す)
(同様にしてSSでQAをやらせる)

※Sに余裕があればだが、「ちょっと・・・」だけで終わるよりも、「明日飲みませんか」と代替案を付け加える事で、人間関係上よいと教授

◆様々な状況が書かれたPCを見せていき、会話を作らせる
1.まず一つを例として、TSでやる
2.クラスを3gに分け、3つのPCをWBに貼っておき、さっきやったようにSに覚えさせる
3.発表

勉強しませんか・帰りませんか・行きませんか・会いませんか・サッカー・花見・吸いませんか・デートしませんか

◆文作ゲーム★裏紙数十枚
助詞の混乱が起きているので、ここでゲームをしながら整理する
1.5つのグループに教室を分ける。各グループは「だれ」「いつ」「どこで」「だれと」「何をした」になる
2.白紙の紙を配りそれぞれ相談し、場所グループならデパートなどと書かせる
3.「だれ」から「何をした」グループまで順に言わせていく。全Sが見えないと意味がないので、紙はWBに貼り付けていく
※「何をした」グループは時制に気を付けさせる。
4.担当グループを交代しながらやる

◆他に、簡単にやるならS1を指名、Tは疑問詞カードで他Sにキュー
T:(どこカード見せる)
S:S1さん昨日どこへ行きましたか
(これは各疑問詞導入でも同じようにやれるので、こまめにやるといい)

~ましょう

誘いとしてではなく、肯定質問「~ませんか」の答えとして扱う


導入・練習

PCの★勉強します★テニスをします★富士山へ行きますを見せ、全体で会話を作らせる(待ち合わせ時間などはTが適当に言う)

授業記録

失礼な返し「~も」

T:昨日、何をしましたか
S:何もしませんでした(^^)
T:どこへ行きましたか
S:何もしませんでした(^^)

「~も」を教えて以降、留学生がこれをよく使うようになる。実際に何もしない(金がないのでできないという方が正しいが)し、行かないのだが、人との会話でこのようなやり取りを平然とやられては何のための教育機関かわからない。是非、これを教える際は、それらに注意させながら教授してほしい。

助詞総復習

今まで習ってきた助詞がうまくここの文型で使える。これまで活動らしい活動ができず、退屈だったと思うが、その苦労はここで報われる。うまくこれまでの助詞全てを使える文型が「いっしょにVマス+ませんか」である。
学生も大変盛り上がるので、様々な状況を与え、遊ぶ。
追加で、未習語も入れてもいいし、「デートします」や「恋人」はぜひ入れたい言葉

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA