【にほ×ナゾ】解答・解説┃問7~

活動案・謎解き・アイディア

あきのTwitter(@nihonazo)にて、授業で使える謎を制作・紹介しています。

日本語レベル、謎解きレベルも載せておりますので、目安にしてください。

←問4~問6

スポンサードリンク

問7「「日本」は「ある」ですか。「ない」ですか。」

日本語レベル:★★★★☆
謎解きレベル:★★★★☆

この問題は少々「ひらめき」が必要です。

 

活動例
T:「習慣」は「ある」です。「文化」は「ない」です。
S1:???
T:言葉の意味は、関係ありませんよ。
S2:もっとヒントをください。
T:漢字じゃなきゃ、解けません。
S2:え~!
T:(「会社」を指し)これは何ですか。
S2:「しゃかい」です。
S1:え?「かいしゃ」ですよ。
S2:あ、そうですね。(……!!)あ~わかりました!

解答
「ある」

解説
「ある」の漢字は、「習慣」「慣習」、「会社」「社会」、「科学」「学科」、「定規」「規定」のように、漢字の左右を入れ替えてもことばが「ある」ものでした。「日本」は「本日」になりますから、「ある」が正解です。
学生に漢字を読ませると、「慣習」を「しゅうかん」と読んだり、「会社」を「しゃかい」と読んだりすることがたまにあります。これはおそらく、単漢字をもとに熟語を読んでいるのではなく、「習と慣を使ったことばは「しゅうかん」だな」「社と会があれば「しゃかい」だろう」と、雰囲気や予測で読んでいるからではないかと思います。
今回の問題のように漢字の並びかたで意味が全く違うものになることもありますから、よく注意させる必要があるでしょう。

少し難しい漢字や語彙が使われていますが、全ての漢字・語彙がわからなくても、問題を解くことはできます。終わった後に読み方や意味の確認をすれば、勉強にもなって一石二鳥ですね。

【コラム】謎解き能力検定

「謎解き」にも、能力検定があるのをご存知ですか。前回のコラムでご紹介した「リアル脱出ゲーム」を運営する会社が主催している「謎解き能力検定(通称:謎検)」というもので、年に2回、開催されています(2018年11月現在)。

「謎解き能力検定」公式ホームページ

「能力検定」と聞いて「うっ…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この検定は、合格不合格ではく、自分自身にどの程度「謎解き力」があるかを知るためのものですので、どうぞご安心ください。試験時間は60分、50問の謎を解き、「ひらめき力」「注意力」「分析力」「推理力」「持久力」の5ジャンルで「謎解き力」を判定します。

スポンサードリンク

普段、学校で試験を受けさせては「問題をよく読んで」「時間配分を考えて」「ケアレスミスをしないで」と繰り返しているのに、いざ自分が試験を受ける側になると、そういった余裕を持つことがいかに難しいかがよくわかります。「ひらがなで」と書いてあるのに漢字で答えたり、ひとつの問題で悩んで最後までたどりつかなかったり、答えは合っているのに選択ミスをしていたり…。そして、そういった余裕のなさで点数を落とすことの悔しさもまた、身に沁みてわかります。

謎検の公式ホームページの発表によると、「「謎解き」は、問題解決の際に、脳が適切に働く機能を高めてくれる」のだとか。学生の気持ちを理解するためにも、脳の働きの機能を高めるためにも、ぜひ受験されてみてはいかがでしょうか。

過去問集も販売中です。緑色が比較的易しめだと思います。

  

コメント