44課教案 すぎる やすい・にくい にします(変化・決定)

スポンサーリンク

教師用メモ

意志・無意志

この課では意志と無意志が深く関わってくる。これの違いと教え方は教師でも難しいので、以下の「意志動詞・無意志動詞とは」でよく予習しておくことを強くおすすめする。

【画像】完全攻略!意志動詞・無意志動詞とは
意志、無意志? 動詞には人の意志を含むもの、そうでないものとで二分することができます。 「食べる」は意志を含む動詞で意志動詞です。「(雨が)降る」は意志を含まない動詞で無意志動詞です。 それでは簡単なクイズをしてみましょう。「食べる」...

教案

すぎました N4 超過

動詞のます形+すぎました┃以下接続例
   V:飲み+すぎました
   A:なし
 Na:なし
   N:なし

- 教える際の留意点-

1.程度を超えたことを表す。「すぎる」が付いたものの状態は通常望ましいものではない
「食べ過ぎる」:食べる頻度が想定よりも高く、よくない。
「多過ぎる」:食べる量が想定よりも多く、よくない。

2.「すぎる」は2グループ動詞である。あとで「すぎる」を活用(「すぎて」など)させる時に教えるので頭に入れておく。

3.動詞接続の場合は動作動詞に付けて、状態性の表現になる。「Vすぎて」という文型の後件は可能動詞や自動詞、状態を表す形容詞などが多い。

4.この動詞から作られる名詞「~すぎです」も実生活ではよく使われる。
食べ/飲み/吸いすぎに注意しましょう
「働きすぎです」は32課で語彙として入っているが、その時は名詞として入れていた。混乱を招くのでこの名詞「~すぎです」はこの課では提出しない方がいい。

5.L1~44まで接続できる動詞がかなり数が少ない(ページ下部の考察参照)。さらに、初めは「~すぎます」という基本形で入れたいのだが、この文型はマスだと変なので「~ました」で教える。

導入・練習

T:皆さんは昨日どれぐらい働きましたか
S1:私は3時間働きました
T:3時間ですか。私は20時間働きました
S:ええ!
T:とても疲れました(働くジェスチャー、疲れるジェスチャー)。私はきのう働きすぎました

私は働きすぎました。
T:疲れましたから、お酒を飲みました
S:どれぐらい飲みましたか
T:皆さんはいつもどれぐらい飲みますか
S:ビール10杯
T:私は100杯飲みました
S:たくさん飲みましたね
T:はい、とてもたくさん飲みました
私は飲みすぎました。
T:うーん、私は働きすぎましたから、ストレスがたくさんあります。ですから、いろいろ悪いことをしました。例えば・・・(と言って下の文章の画像を見せ、文作させていく)
 
  • ごはんを食べすぎました。
  • たばこを吸いすぎました。
  • 物を買いすぎました。
  • お金を使いすぎました。
  • 遊びすぎました。

◆「すぎる」を活用させて練習する。

T:今月私はたくさんお金を使いました
S:何を買いましたか
T:服を買いすぎました
S:お金持ちですね
T:いいえ、今月服を買いすぎたので、お金がありません

今月服を買いすぎました ので、 お金がありません。

今月服を買いすぎたので、お金がありません。

T:ここを見てください。「ので」の前は何形ですか
S:ふつう形です
T:「すぎます」のふつう形は?
S:すぎる
T:それだけ?ふつう形は四つあります

すぎます
↓ ふつう形
すぎる
すぎない
すぎた
すぎなかった

T:「すぎます」は何グループですか
S:2グループです
T:「すぎます」「ので」は「すぎるので」。「すぎました」「ので」は?
S:「すぎたので」

買いすぎたので

他例文

  • 学校を休みすぎる、卒業できなくなります
  • 体に悪いですから、あまりたばこを吸いすぎないようにしてください
  • 笑いすぎ、涙が出ました

すぎます N4 超過

い/な形容詞+すぎます
   V:なし
   A:難し+すぎます
 Na:元気+すぎます
   N:なし

- 教える際の留意点-

1.~先生は厳しすぎます

「優しい」や「きれい」などはプラスの意味の言葉である。日常では「優しすぎる」とも言うが、ここではマイナスのことだけを述べる用法を扱い、単に「とても~だ」という意味で教えないようにすること。

しかし、例えば「簡単すぎる」はどうだろうか。「簡単」というのはプラスの意味で用いられることが多いが、歯応えのある問題を解きたい人にとって問題が簡単であることはマイナスである。そのような時は「簡単すぎる」と言えるが、そのニュアンスを説明するのは少し難しい。他にも「家が大きすぎる」というのも本来であればいいことだが、掃除が大変だと思えばマイナスともとれる。練習をしていく中でこのような問題に必ずぶち当たるので、あらかじめしっかりどうやって説明するのか準備しておくといい。

×おもしろすぎる 〇つまらなすぎる
×おいしすぎる 〇まずすぎる

◆「すぎる」に接続するのに自然な言葉
寂しい 大変 狭い 重い 辛い 甘い 暑い 熱い 人が多い 少ない 忙しい 古い

◆「すぎる」で超強調(+の意味)の用法になる言葉(非提出)
おもしろい 可愛い 暇 きれい 簡単 うまい 

導入・練習

T:皆さんはどんな家に住んでいますか。広いですか、狭いですか
S:狭いです。とても狭いです
T:そうですか。私の家もとても狭いです。これです(狭い部屋の写真を見せる)
S:ええ、狭いです!
T:そうです。先生の家はとても狭いです。先生の家は

先生の家は狭いです  すぎます

先生の家は狭いすぎます。

T:狭いです、狭いすぎます、はいいですか
S:?・・・はい、いいです
T:だめです。狭いすぎます、狭すぎます。「い」ありません

この「狭すぎます」には必ず触れておいてください。言ってて、しかも書いてもいるんだから1回言えば十分なんて思っていたらダメです。しばらく授業中、休憩中、そして試験でも学習者の多くがこの変換で間違え続けます。ここで徹底的に矯正しておきましょう。

T:そうです。そして家賃が・・・
S:いくらですか
T:20万円です
S:高い!

家賃は高いです  すぎます

家賃は高いすぎます。

T:高いすぎます、はいいですか
S:いいです
T:だめです。「い」ありません

家賃は高すぎます。

家賃は高すぎます。
T:そして、駅から歩いて30分です
S:遠すぎます
他にも、この家ネタは「汚すぎます」「ゴキブリが多すぎます」「(壁が薄いので)うるさすぎます」など様々な例文が作れるので導入として持って来るとやりやすい。アルバイトをテーマにしてもおもしろいものが出るのでおすすめ(「大変すぎます」「給料が低すぎます」「店長が怖/厳しすぎます」)。
 

他例文

  • このコーヒー・薄/まずすぎます
  • このお風呂・熱すぎます
  • この説明書・複雑すぎます
  • 日本の物価・高すぎます
  • 日本の料理・甘すぎます
  • 日本の冬・寒すぎます
  • 新宿・人が多すぎます
  • ~先生・厳しすぎます
  • 漢字のテスト・難しすぎます
  • S1の国の~・~すぎます

余談ですが、初級では話が自由に広げやすい、要するにおもしろい文型とそうでない文型があります。この「すぎる」は前者です。少し使える言葉に制限があるものの、「敬語」や「場合」「使役」といった制限の多い文型に比べればかなり楽です。
おもしろい文型が自分の担当の時は普段できないおもしろい話・活動もできます。ついでに未習語も入れて教えれば、好感度獲得も狙えます。

◆QA練習。答えに「動詞・い形容詞・な形容詞混交+すぎる」を入れる。
Q:のどが痛いんですか
A:ええ、きのうカラオケで歌いすぎたんです

この辺りで「優しすぎる」のようなプラスの言葉(おもしろい 可愛い  きれい 簡単 うまい)と接続する用法を教えてみるのもいいと思います。

◆教師と学習者でQA練習
T:S1さんの家賃は15万円です。高すぎます。私の家の家賃は5千円です。安すぎます?
S:だめです!家賃が安いはいいことですから
T:そうです。でも、実はいいんです。(わかるようにジェスチャーやPCなどを使って説明)

やすい/にくいです N4

意志動詞のます形+やすい/にくいです
   V:書き+やすい/にくいです
   A:なし
 Na:なし
   N:なし

- 教える際の留意点-

1.「~やすい」はXするのが簡単であることを表し、「~にくい」はXするのが難しいと述べる時に用いられる。

2.「漢字を読むのは難しいです」と何が違うのか
よくある誤用が「日本語は勉強しにくい」。用法の上では行為の評価は「Vにくい」、内容の評価は「難しい」である。だから「日本語は勉強しにくい」は誤用である。「勉強する」という行為が難しいというのは言い得ないので、「日本語は難しい」と訂正する

導入・練習

T:これは何ですか(短すぎる鉛筆を見せる)
S:鉛筆です
T:どんな鉛筆ですか
S:短いです
T:そうです。とても難しいです(書くジェスチャーをしながら)。書きにくいです

この鉛筆は書きにくいです。

T:じゃこの鉛筆はどうですか。難しいですか(普通の長さの鉛筆を見せる)
S:いいえ、書きやすいです

この鉛筆は書きやすいです。

T:皆さんは東京タワーの高さを知っていますか
S:いいえ、知りません
T:333mです
S:簡単です
T:そうです。覚えます、簡単です。覚えやすいです

覚えやすいです。

T:じゃ皆さん、富士山の高さを知っていますか
S:いいえ、知りません
T:3776mです
S:難しいです
T:そうです。覚え・・・?
S:覚えにくいです

覚えにくいです。

電気代が払えませんでした。電気がありません。教科書、ノートが見えません。
〇勉強しにくいです。

◆【意志動詞+やすいにくい】
この辞書は字が大きくて、見やすいです

「日本語は勉強しにくいです」という誤用を言う学習者が目立ちます。「~にくい」=「~するのが難しい」という意味です。勉強すること自体は難しくないので、しっかり誤用であることを教えましょう。
ちなみに学習者が言いたいのは「日本語は難しいです」です。

やすい/にくいです N4

無意志動詞のます形+やすい/にくいです
   V:割れ+やすい/にくいです
   A:なし
 Na:なし
   N:なし

- 教える際の留意点-

1.無意志動詞なら何でも接続できるわけではない
?S1さんは授業に遅れやすいです 〇がちです。

導入・練習

T:(紙コップを落とす)いいですか。見てください。・・・割れませんね。(陶器のコップを落とそうとする)見てくださいね
S:割れますよ
T:このコップ(紙コップを指して)は割れにくいです。でも、このコップは割れやすいです(陶器のコップを指して)

このコップは割れやすいです。
このコップは割れにくいです。

T:見てください(吹く)このコップは倒れやすいです(反対もやる)

このコップは倒れやすいです。
このコップは倒れにくいです。

T:(薄い紙を1枚用意。紙を破いてしまう)この紙は・・・?
T:(厚紙を見せて)この紙は・・・?

この紙は     やすいです。
この紙は     やすいです。

(に)します N4 変化

Aく・Na・N+(に)します
   V:なし
   A:長く+します
 Na:きれい+にします
   N:半分+にします

- 教える際の留意点-

1.「~になる」と19課の「~なる」の違い

「になる」:自然に変化することを表す。目的語には「が」を付ける。
「にする」:意識的に変化させることを表す。目的語には「を」を付ける。

動詞で変化を表す場合は36課で既習の「Vようになる・Vようにする」。

2.「~にする」は形が特殊なので、フラッシュカードは多めにやった方がいい。

導入・練習

◆導入
T:皆さんはラーメンが好きですか(と言って味が濃そうなラーメンの写真を見せる)
S:好きです
T:味が濃い時、皆さんはどうしますか
S:水/お湯を入れます
T:味 薄い します、味を薄くします

濃い ➔ 薄い
味を薄くします。

◆フラッシュカードでA・Na・N の形練習
T:皆さん、これは?(「長い」を指して)長・・・?
S:長くします
T:これは?(「きれい」を指して)
S:きれいにします
T:じゃS1さん、これは?(「半分」を指して)
S1:半分にします
T:じゃS2さん、これは?(「濃い」を指して)
S1:濃くします
・・・

◆導入
(字をわざと見えないぐらい小さくホワイトボードに書く)
S:先生、見えません
T:あれ、そうですか。ごめんなさい
(少し大きく書きなおす)
S:見えません
T:どうすればいいですか。先生にお願いしてください
S:字が大きくなってください
T:字を大きくしてください

字を大きくしてください

 

「になる」「にする」の違いは以下の二文を提示するとわかりやすいです。
・外が暗くなる。

・部屋を暗くする。

こちら↓の導入も参考までに。

時間が余った時の雑談・ゲーム集「1秒で水を氷にする」
1秒で水を氷にする方法は? 概要 実施推奨/可能レベル:N3 実施時間:1分~3分 進め方 T:1秒で水を氷に変える方法は何だと思う? S:え?無理です T:できます。考えてください ここで残り時間が30秒ならすぐに答えを出...

◆導入

T:私の髪は赤いですか、青いですか
S:黒いです
T:そうです。おもしろくないです。でも、毎週土曜日と日曜日は私は黒い髪じゃありません
S:え、そうですか
T:見てください(と言って画像加工アプリで髪を青くした先生の写真を見せる)
S:すごい。先生は髪を青くしますか

髪を青くします。

T:私の目を見てください。小さいですね・・・
S:はい!
T:・・・はい、小さいですが、週末はチェンジします(アイプチなどの化粧道具を見せてもいい)。これを使って・・・ほら(と言って画像加工アプリで加工した先生の写真を見せる)
T:先生は?
S:先生は目を大きくします

以上のようにして、画像加工アプリを使って様々な例文を作りだせます。しかもかなり盛り上がるのでおすすめです。
今はPhotoshopなどの仰々しいものでなく、無料の簡単にできるものがあります。

◆「~ので、Aく/Na・Nにしてください」という形に入れて練習。
味が濃いので、薄くしてください

◆他文型との接続
先生、テストをあさってにしていただけませんか。

にします N4 決定

N+にします
   V:なし
   A:なし
 Na:なし
   N:明日+にします

- 教える際の留意点-

なし

導入・練習

◆導入 同種のものを見せて、学習者に選ばせる。

T:ここは携帯電話の店です。S1さん、いらっしゃいませ。S1さんはどのスマホがいいですか(au、ソフトバンク、ドコモの社名を見せる)
S1:じゃ、スマホはソフトバンクにします

スマホはソフトバンクにします。

T:私と~さんは一緒にレストランに入りました。何か飲みましょう。えーと、私は決めました。ビールにします

ビールにします。

T:S1さんは?
S1:コーヒーにします

コーヒーにします。
メニュー表を拡大したものを提示、ごはん・デザートなど、教師が例を示し、学習者に次々と発話させ口慣らしをするのと、「~にする」が決定の用法であることを示す。
T:S2さんは?(ラーメンを見せる)
S2:ラーメンにします

T:S3さんは?(ケーキを見せる)
S3:ケーキにします
 
◆後続句との接続
 
T:ここは服屋です。S1さん、どの服を買いたいですか(様々なデザインの服を見せる)
S1:私はあれにします
T:あれにします、たいです?
S1:あれにしたいです
あれにしたいです。

◆疑問詞で練習

T:皆さんで旅行に行きましょう(と言って、様々な観光地とその上に地名が書かれた画像を見せる)どこ・・・?
S:どこにしますか

どこにしますか。

S:ハワイにしましょう
T:いつ・・・?
S:いつにしますか

いつにしますか。
T:ホテルの料理は和食と洋食と、どちら?
S:どちらにしますか

◆活動。PWかグループで旅行の計画を立てる
【旅行】 どこ いつ 何時 乗り物は何 にしますか。
【パーティー】 誰の家 お酒は何に 何時からに 料理は何 にしますか。

新出語

  • 濃い/薄い:味が~。色が~
  • 原因L46と理由L44:原因は悪いことに
    火事の〇原因×理由 ・日本へ来た×原因〇理由

考察

~すぎます① プラスをマイナスに変える

「すぎる」はここではマイナスの言葉に付く。では、「元気」には付かないのか。元気はプラスの言葉だが、「彼は毎日元気すぎる」と言った場合、「元気すぎてうるさい。授業の邪魔ばかりする」という意味になり、「とても元気」を通り越して悪い意味になる。

つまり、「すぎる」が付くとほとんどの言葉はプラスからマイナスの言葉になる。他にも「この仕事は楽すぎる」と言えば、「楽過ぎてつまらない」というニュアンスが出る。しかし、そうならない場合もある。「この猫可愛い過ぎ~!」という言葉にはマイナスの意味が含まれない。

~すぎます② 動詞だが状態性を述べている文型

「すぎる」は「行く」や「食べる」のような動作ではなく、そのものの状態を表す動詞(「要る・ある」など)と同じ動詞なので、形容詞と接続することが多くなってしまう。そのため、動詞とはあまり接続しない。L1~44までで接続できそうな動詞は実際かなり数が少ない。

※以上は単文での話で、Dのように複文にするなり、文型をつけるなりすればいくらでも幅は広げられるが、導入では複文で提出しないように
・複文でなら接続できそうなもの→働き 食べ 飲み 吸い 買い 仕事をします 学校を休み 結婚し 遊び お金を使い 心配し 恋人に電話をかけ 引っ越しし

コメント