JLPT文法解説:をきっかけに N3

用法

接続:N+をきっかけに

1.Xが生じたので、後件になった

2.Nと接続するが、Vと接続する場合は「Vのをきっかけに」となる

3.をきっかけに/にして/として/で

比較文型:「を契機に N3

を契機に:
①後件は+の事が多い
②硬い
③出来事や行為を表すNに繋がる

きっかけに:
①後件は+の事、-の事、どちらでもいい
 ・去年の交通事故を ×契機に 〇きっかけに、私は歩けなくなった
②やわらかい

例文

その曲をきっかけに、レディガガが好きになった

国で会った日本人をきっかけに、来日した

来日をきっかけに、(自由文作)

1.日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

2.以下有料版N1et新規追加項目

>>【初級】 ふつう形の教え方

 授業時間が余った際にサクっとできる活動集

>>【活動】 難易度:初級~上級のアクティビティ5選

>>【活動】 難易度:初級のアクティビティ5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA