34課教案 ~とおりに V1て/ないで、V2 付帯状況と二者択一 ~たあとで、~

教案
スポンサーリンク

教師用メモ

意志・無意志

この課では意志と無意志が深く関わってくる。これの違いと教え方は教師でも難しいので、以下の「意志動詞・無意志動詞とは」でよく予習しておくことを強くおすすめする。

【画像】完全攻略!意志動詞・無意志動詞とは
意志、無意志? 動詞には人の意志を含むもの、そうでないものとで二分することができます。 「食べる」は意志を含む動詞で意志動詞です。「(雨が)降る」は意志を含まない動詞で無意志動詞です。 それでは簡単なクイズをしてみましょう。「食べる」...

教案

Vタ・Nの+とおりに~ N3 【コピー】

- 教える際の留意点-

1.話者が言った事と全く同じことを指示する場合に使われる文型。

2.順番があるものには「まず・次に・それから」を使う。

導入・練習

◆導入
早口言葉で導入
T:皆さんは私のコピーができますか
S:できます
T:とっても難しいですよ
S:できます
T:じゃいきますよ。赤パジャマ黄パジャマ茶パジャマ赤パジャマ黄パジャマ茶パジャマ赤パジャマ黄パジャマ茶パジャマ、どうぞ(パジャマは未習語だが、画像を見せれば一発で既習語にできる)
S:赤パジャ、黄ジャマ・・・先生、もう一度お願いします
T:私が言った通りに、言ってください

私が言った通りに、言ってください。

S:先生、言えません

先生が言った通りに、言えません。

◆導入
(めちゃくちゃに作った机や棚の画像を見せる)
T:これを見てください
S:ええ、机ですか
T:私は机を作ります、とても下手です。どうすればいいですか
S:説明書を見てください

説明書 の 通りに、作ってください。

◆導入
T:じゃ今からディクテーションをやります。いいですか。私が言った通りに、書いてください。「とうきょうディズニーランド」(と速く言う)
S:先生、速いです。もっと遅く

私が言った通りに、書いてください。

S:先生、わかりません
T:じゃ答えを書きますから、私が書きます、かあああ?
S:書いた通りに

「通りに」の導入の際、注意することが2つあります。

時間がかかりすぎないようにすること
おもしろく紹介するのはいいが、日本語は学んでいるか考えて導入すること
色々な手品ゲームなどで楽しく導入するのはいいのですが、ラジオ体操などをやって延々時間をかけたあげく、生まれた文が「私が言った通りにやってください」という一文のみというコスパの悪い導入はよくありません。特によくないのは折り紙を使った導入です。

◆電話番号で導入
(電話番号のみが書かれた紙を渡す)
T:番号の通りに教えてください

◆【Vとおりに、~てください/ました/ています】導入は楽しいのをやり、その後『実際の生活』に即した文例を示す。後件がテクダサイのみだが、テイマスもあるので、それも練習に入れる
T:導入は遊びました。これからの練習は生活で使う言葉を覚えましょう

みんなの日本語1~50課で「~どおりに」という読み方は教えません。授業中に言ってしまわないようにしましょう。名詞との接続時、「の」が省かれ、「通り」が「どおり」と濁って発音されるということは中級以上で教えることになります。
例:いつも/想像/予想/計画/指示/命令/希望/望み+通りに

Vタ/Nの+あとで、~ N5

- 教える際の留意点-

1.物事の順序を表す文型で、「前件してから後件」という意味。

2.時制に左右されず、常に動詞のた形に接続する。
昨日勉強したあとで、遊びました
明日勉強したあとで、遊びます

3.「次の行動との時間の感覚が近い」と説明している人やテキストもあるが、その違いをあえて学生に説明する必要はない。

4.【数字+あとで】は「1時間あとで、~」ではなく、「数字+ごに(1時間ごに、~)」と教える。

5.16課同様、この文型を言わせるキーワードとなるのは「いつ」である。

6.18課マエニの教材が使える。

 

導入・練習

T:Sさんはいつ晩ごはんを食べますか
S:アルバイトをしてから、食べます
T:「アルバイトをします」は動詞ですね。名詞はアルバイトです。アルバイトてから?
S:ダメです。アルバイトのあとで

アルバイトのあとで、晩ごはんを食べます。

S:先生、「アルバイトしてから」はいいです
T:はい、いいです
S:じゃ「あとで」勉強しなくてもいいです
T:なるほど。じゃ、「勉強します」は?
S:勉強したあとで
T:おお、すごいですね。じゃ、「
T:じゃ、「お風呂に入ります」は?
S:お風呂に入ったあとで
T:「お風呂のあとで」、こちらの方が早いですね、便利です。旅行は?
S:旅行に行ったあとで
T:旅行のあとで

◆た形練習
この「あとで」は「前に」同様、接続の間違いが非常に多い。何年経っても間違え続ける。まずはここでしっかりた形接続であることを強調し、FCでの練習も、た形のみを言わせないで、「た形+あとで」まで言わせて練習させる
T:皆さん、これは?(「働きます」を指して)
S:働いた
T:働いたあとで、まで言ってください。じゃこれは?(「休みます」を指して)
S:休んだあとで
T:じゃS1さん、これは?(「行きます」を指して)
S1:行ったあとで
T:じゃS2さん、これは?(「帰ります」を指して)
S1:帰ったあとで
・・・

◆いつ歯を磨きますか
毎朝歯を磨きますか いつ磨きますか
V 食べたあとで、磨きます⇔食べるまえに、
N 食事のあとで、磨きます

◆簡単な文接続
T:授業が終わった アルバイトの 晩ごはんの 学校を卒業した 宿題の ・・・あとで、

◆質問に対する答えを「あとで」を使って答えさせる
いつバスケットボールの練習をしますか
学校のあとですぐ食事をしますか
アルバイトのあとで何をしますか
いつ宿題をしていますか
いつ大学に入りますか

「~たあとで」の変換は、上級の学習者でも頻繁に間違えます(誤用例:食べるあとで、食事します)。上記の導入で時制を意識した展開にしているのはそのためです。時制が「明日」でも「昨日」でも「あとで」の後は必ずた形ということを強調して導入をしましょう。

他例文
ごはんを食べたあとで、歯を磨きます。 →食事のあとで、
勉強したあとで、アルバイトに行きます。 →勉強のあとで、
本を読んだあとで、寝ます。
大学に入ったあとで、結婚します。
授業のあとで、買い物します。
アルバイトのあとで、すぐに家へ帰って、寝ます。
アルバイトのあとで、何をしますか。
※一年×あとで〇後に、国へ帰ります。

「1年のあとで」という誤用が目立ちます。特に作文等ではこの「数字+あとで」の形がかなり使われるため、L34以降作文で「1年のあとで」を見る機会が多くなります。事前にここでよく言い聞かせ、誤用を防止しておくといいでしょう。

意志Vテ/意志Vナイ+て/で~ 【付帯状況】

- 教える際の留意点-

1.どんな状態で主体が後件をするのかを前件で説明している。

2.主体に前件の行為が及び続けている(めがねをかけて、寝た)場合に使う。

3.授業では絶対に前件が無意志である事は触れない(まだこの課では難しい)。
L39:無意志Vなくて:後件はA・Na・V(可能動詞・状態動詞)(前件に意志は×)
手紙が来なくて、悲しい
L34:意志Vないで:後件はどの文型でも動作動詞(前件に無意志は×)

4.クテの前が無意志である事は触れない理由は下の図↓。とにかく複雑。

導入・練習

T:皆さんは寝る時、電気をつけますか、消しますか
S:消します
T:どうしてですか
S:寝られませんから
T:私はつけます
S:ええ、どうしてですか
T:暗い部屋が怖いですから、いつも電気をつけて/消さないで寝ます

電気をつけて寝ます。
電気を消さないで寝ます。

T:私は立っています。話しています。

私は立って話しています。

T:私は座っています。話しています。

座って話しています。

28課で「立ちながら話す」「電気をつけながら寝る」が非文であることを説明していなければ、このタイミングで必ず「瞬間動詞との接続はできない」と説明しましょう。その際、教師が以下のようにジェスチャーをして見せるとわかりやすいです。

T:「立ちます」「ながら」で、「立ちながら」です。でも「立ちながら」はダメです。「電気をつけながら寝ます」もダメです。他にも「かぶり/履き/着/座りながら話す」などもダメです。それでは皆さん、今から「立ちながら話します」をしますから、見てください(と言って、立ったり座ったりしながら話すジェスチャーをして見せる)。どうですか、おもしろいでしょ?普通しませんね。じゃ次は「電気をつけながら寝ます」をします。

これで学生に「瞬間動詞との接続はできない」ことが伝わります。

Vナイ+ないで、~ 【二者択一】

- 教える際の留意点-

1.前件をしない代わりに後件をする、ということを表す。

2.前件をする前に普通は後件するのにそうしないという意味があり、そうすることで、後件が強調される。

比.ずにN3

本サイト、『日本語教師のN1et』では有料で一部の情報を提供しています。
「~て【付帯状況】」「~ながら【同時進行】」「~ないで【二者択一】 」の違い 「~なくて【理由】 」「~ないで【付帯状況】 」の違い

導入・練習

T:S1さん(夜勤の学生か、夜までゲームしている学生)、今日は何時に寝ますか
S1:寝ません
T:え?寝ないんですか
S1:寝ません、働きます/ゲームをします
T:そうですか、じゃこう言ってください

寝ないで、働きます。
     ゲームをします。

T:S2さんは寝ますか
S2:はい、もちろん
T:S3さんは?
S3:はい
T:皆さん、普通夜寝ますね。でも、S1さんは寝ません。寝ないで・・・、何をしますか
S:働きます
T:寝ないで、働きます

 

寝ないで、働きます。
  ↑  
普通します

T:S1さんは昨日家へ帰りましたか
S1:いいえ
T:帰らないで、何をしましたか
S1:友達の家に泊まりました

家へ帰らないで、友達の家に泊まりました。

T:朝ごはんを食べたあとで、学校へ来ますか
S:いいえ。朝ごはんを食べないで、学校へ来ます

T:学校までバスにのりません。電車に乗ります。 学校まで・・・?
S:学校までバスにのらないで、電車に乗ります。

T:毎年誕生日はケーキを買いません。自分で作ります。 ケーキは・・・?
S:ケーキは買わないで、自分で作ります

T:昨日はどこも行きませんでした。家で映画を見ました。 昨日は・・・?
S:昨日はどこも行かないで、家で映画を見ました。

他例文
バスに乗らないで歩いて行きます。
日曜日は勉強しないでアルバイトをした。
月曜は学校へ来ないで寝た。
学校へ来ないで、遊びました。

付帯状況の「~ないで」と二者択一の「~ないで」の違いを懇々と理解させる必要はありません。違いを説明するのは時間もかかるし、伝わらにないし、伝わったところでそれほどいいこともありません。余計混乱させるリスクすらあります。

 

新出語

  • ~をします・・・ネクタイ・時計・アクセサリーなどを身につける意味
  • まず(L16)次に(L16)それから(L11):この3つは中級、上級でも主に小論の書き方などで使う非常に重要な接続詞である。

考察

付帯状況A

付帯状況:どんな状態で主体が後件をするのかを前件で説明している。主体に前件の行為が及び続けている
二者択一:前件をする前に普通は後件するのにしない→後件が強調される

ごはんを食べないで、学校へ行きました(付帯10%、二者90%)
(↑食事をとるという動作をしないという状況がわかりにくい)

寝ないで、勉強する(付帯40%、二者60%)
(↑どちらともとれるが、後ろが強調される文なので二者が強いか)

傘を持って、出かけます(付帯90%、二者10%)
(↑「腕時計をつけて」同様、身に着ける、持つものは二者というよりも付帯が強いが、つけるつけないという選択肢で考えれば二者ともとれる)

砂糖を入れないで、コーヒーを飲みます(付帯50%、二者50%)
(↑教科書では付帯だが、二者であろう。砂糖はコーヒーに影響し続けるが、飲むのは主体であるワタシ)

電気を消さないで、寝ます(付帯50%、二者50%)
(↑これもコーヒーの例と似ているが付帯である。電気の明かりが影響を及ぼすのはワタシである)

日曜日はどこも行かないで、家で休みました(付帯0%、二者100%)

付帯状況B

①黄色い帽子をかぶって子どもが歩いている
②黄色い帽子をかぶった子どもが歩いている

①付帯状況のVテだからいいはずだが、違和感がある。言えなくはない。Vテの後には動詞が続かないとこの違和感が出てしまう。
①子どもが黄色い帽子をかぶって歩いている
違和感はなくなるが、不必要に黄色い帽子に焦点が当たっている
A国では子どもが青い帽子をかぶるのに対し、B国では黄色い帽子をかぶって歩くらしい
これで違和感もなく、焦点もうまく使うことができる

トオリニ考察

Q:あなたはどうやって料理を作りますか
A:本を読んだ/読むとおりに、作ります
A:テレビを見たとおりに、作ります

という誤用が目立った。正用は「①本のとおりに」と「②本で読んだとおりに」である。まず①でいいのだが、学生が「動詞を使って言いたい!」と言ってきた場合は②を教えなければならない(ちなみにこの②のデの用法は未習である)わけだが、できれば教えたくないので、①を通す。次になぜ「本を読んだ~」とは言えないのか。トオリニの意味は【前件の情報をもとに、後件する】である。つまり、「本を読んだ~」と言うと、【話者が本を読んでいる姿を見て料理を作る】ことになる。読んでいる姿の通りに料理は作れない。ここで①に戻るが、①は【本に記載されている情報を見て作る】となるので、正用となる。そして②である。以下に並べてみる。

本を読んだ~、料理を作る 【話者が本を読んでいる姿をもとに、料理を作る】
本で読んだ~、料理を作る 【話者が本を読んで、得た知識をもとに、料理を作る】

ちなみに、下の文もある。

母に聞いた~、料理を作る 【話者が母に聞いて、得た知識をもとに、料理を作る】

以上、ヲとニのトオリニ組み合わせの違いだが、何にしてもこの違いを説明することは不可能なので、単に「本の~」と教授すればいい

コメント