JLPT文法解説:であれ であろうと N1

用法

接続:N+であれ

接続:繰り返して【N+であれN+であれ】の形も

接続:V意・Aく/かろう・Na/Nであろう+~と(も)

1.「たとえ前件でも、必ず後件になる」という話者の意志を示す。後件は「事態は同じだ」という意味の文

2.文頭に「どんなに・たとえ・いくら」などがくることもある

3.話者の主観的判断や推量を表す文が多い

4.接続の仕方が多く、文型自体も形が多い面倒な文型

比較文型:「ても

逆接の用法は同じだが、テモは初級でも勉強することからもわかる通り、使いやすく、日常では断然テモの方が使われる
 ・こんな大きなテレビ、安〇くても △かろうとも 邪魔になるから買わないよ

例文

どんな大雨であろうと、彼は朝のランニングを50年間続けた

外国人であれ日本人であれ、日本にいる間は日本の法律を守らなければならない

 

おすすめ記事!

28の日本語をおしえる際の授業のコツまとめ

【画像】初級の9つの助詞一覧 用法の教え方 練習問題つき 9 beginner particles(Josi) usage and method with exercise problem

【画像】「~形」まとめ ┃「て形」から「使役受身」まで

【画像】完全攻略!意志動詞・無意志動詞とは

【画像】助詞「は」「が」の用法 違いと使い分け

【画像】FC(フラッシュカード)の作り方と使い方 無料ダウンロード付き

日本語教育能力検定試験対策室 -勉強法- (独学で合格する方法)

読解と聴解授業の教え方

初級おすすめ参考書

Japanese Lessons

日本語学習者向け 個人授業 Private Japanese Language Lessons

日本語教師養成個人レッスン

お知らせ

2018年8月7日 『試験や宿題の添削を完全に0にする方法┃note』公開!!【8月31日までセール価格】です。無料サンプルはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください