41課教案 第三回授受 いただく くださる やる

教師用メモ

授受表現は三回

L7  「Nをアゲモライ」のみ (上下ウチソトは省)
L24 「L7」+「Nをクレル」+「Vテアゲモラクレ」(上下ウチソトは省※例外文あり)
L41 「L24に上下ウチソトを加えたもの」
ウチソトの概念は今までもあったが、特段触れたり説明したりはしなかった。この課でちゃんと教えるのがはじめてとなる

使い回し注意

L7とL24で使った教材がそのまま使えそうだが、L41は上下内外が絡むので、全部は使えない

教案

復習


L7「もらいます」を復習 L7では目上に対する用法は扱っていなかった

T:私の誕生日パーティーをしました。
私は 同僚に 帽子を もらいました
学生の誕生日で、何をもらったかを聞く

※既習の人の身分の語彙確認(家族呼称・役職名)
目上     社長・先生・店長
目上じゃない 友達・彼女・彼氏・同僚・親・子ども・弟・妹・息子

私は〈目上の人〉にNをいただきます N5 【下←上の授受】

L7では「人にもらう」での人の部分に目上はこなかった。ここではようやく目上から物をもらう表現ができる。L7ではやりにくかったT→Sでの物の授受導入ができる!


導入・練習

誕生日の雑談の流れで↓

T:私は店長に時計をもらいました。
私は 店長/先生/先輩に 時計を いただきました

◆QA
T:今まで目上の人に何をもらいましたか

◆TSQA 「もらったんです」「いただいたんです」を言わせる
T:いい帽子ですね。 見せる→ ★LCいい帽子(友達)
S:ええ、友達にいただいたんです

★PC カメラ・指輪・車・手紙 上段
絵を見て、文を作らせる

◆QA TがSの持ち物を褒める
T:~さん、いい時計ですね
S:ええ、母にもらいました

◆復習
L24くれます これが一番難しい
これは物が自分(グループ)に来るときにだけ使うもの

他例文

昨日カキアゲ先生に宿題をいただきましたが、なくしてしまいました。
私はよく店長にたばこをいただきます。
このカメラは店長にいただいた物です。
すみません、昨日休んだので、昨日のプリントをいただきたいんですが……。
A:素敵な時計ですね。 B:ええ、社長にいただいたんです。
※誕生日に何を×いただきました〇もらいましたか。
※友達/母に消しゴムを×いただきました〇もらいました。

〈目上の人〉が私にNをくださいました N5 【下←上の授受】

1.じしょ形は1gVのルールだと「くださう」になるが、「くださる」が正しい形


導入・練習

T:もうすぐクリスマスです
先生は 私に 時計を くださいます
友達は 私に 時計を くれます
弟 は 私に 時計を くれます

◆誰にもらったかで、「くれたんです」「くださったんです」を使い分ける
Qきれいなハンカチですね Aええ、友達/先生がくれた/くださったんです

他例文

昨日先生が宿題をくださいましたが、なくしてしまいました。
店長はよくたばこをくださいます。
このライターは店長がくださった物です。
社長がおいしいお菓子をくださいました。
A:素敵な時計ですね。 B:ええ、社長にいただいたんです。
×だれがくださったんですか。
※すみません、昨日休んだので、プリントを〇いただき×くださりたいんですが……。
※先生が×くださう〇くださる

私は〈目下の人〉にNをやりました N5 【上→下の授受】

1.このヤリマスについて「最近少しこれをぞんざいな響きを持つと感じる人が増えてきている」と書いてある参考書もあるが、少しではなく、かなりぞんざいである。犬や植物であってもアゲルを使うことは大変多い


導入・練習

◆L7あげます復習

◆絵を見て文作させる。全てヤルなので、友達なども混ぜてアゲルも練習
犬にえさをやります 友達に時計をあげます

他例文

弟に本をやりました。
妹にプレゼントをやりました。
子どもに傘をやりました。
犬に餌をやりました
いつも猫に魚をやっています

〈目上の人〉にVテ+ていただきます N4 【下←上の行為授受】

電話をかけて・車を修理して・意見を言って・電話番号を調べて・ギターを弾いて・ごみを捨てて・荷物を持って・荷物を持って行って・お金を払って・タクシーを呼んで・

1.助詞「Nに・へ・を・の」など面倒なのは次で入れる。ここではまだ導入ということで、「Nを」に限って練習


導入・練習

◆イタダクは感謝を表す。VPCで形だけの練習をするが、最後の方に、「踏んで/たばこを吸っていただきました」のVPCを入れて、笑って違いをわからせ楽しむ

Vテ+てくださいます N4 【下←上の行為授受】

1.「先生は私にエアコンをつけてくださいました」は非文なので、「Nを」の文は上2文だけ残して、例の面倒臭い「Nに・へ・(私)を・の」を下に板書していく

2.↓は教える順。ヲが紛らしいので最後に提出。
①「に」:先生が私に本を送ってくださいました
「人に物を」・・・見せます・送ります
②「の」:先生が(私の)論文を見てくださいました(私のは省くことができる)
「人に代わって」「人のために」・・・洗濯する・掃除する
③「を」:先生が私を家へ/パーティーに招待してくださいました
「人を場所へ/イベント・人に」・・・連れて行く・紹介する
④「電気をつける・窓を開ける・調べる」などは上の「にのを」に当てはまらないもの。提出しないように!

※「と」:先生が私と京都へ行ってくださいました
絶対に提出しないが、参考までに。他にもいろいろあるが、ここではニノヲ限定で

※「案内する」は教科書では「Pを案内する」で教えているため、ややこしい。「人を」とも言えるので、これは提出しないように!


Vテ+てやります N4 【上→下の行為授受】

1.例えば、TSで「教える」行為をするならば、
私(先生)はS1に日本語を教えてやります
は文法的にはいいのだが、非常に聞こえが悪い

2.前の教授事項の①と②はそのまま使える。人称だけを変えて板書。むしろ①②は手を付けず、そのままの方が、Sも「人称が変わっただけで、他は変わらないんだ」と理解しやすい(「お見舞いに来て」のみ消す

3.ウチソトが強く出る
Q誰に日本語を教えてもらいましたか A~先生に教えていただきました
Aさんの先生はQさんの先生ではない。QさんはAさんの先生に敬意を払う必要はないので、「もらいましたか」となり、Aさんは先生に敬意を払い「いただく」を使う


導入・練習

◆【上→下のみ】私は犬を散歩に連れて行ってやりました

◆【上→下のみ】疑問詞付き練習「Vテいただく・くださる・やる」混交
Qいつワット先生に英語を教えてもらいましたか Aおととし教えていただきました

Vテ+てくださいませんか N5

1.お願いの形4種
家族・友達:道を教え
家族・友達:道を教えて ください
先生・店長・知らない人:道を教えて いただけませんか
先生・店長・知らない人:道を教えて てくださいませんか


導入・練習

◆いつものように動作主が大変なので、前件文頭に必ず「先生」で始め、ワタシではなくアイテが動作をする事をわからせる。さらに、L14などでは消極的だった「貸す・借りる」など、ダイクシスが面倒なものも積極的に入れていく。もちろん、STで依頼。教室でよく言うであろう事柄を扱う

◆一緒に居酒屋へ行く。

◆~てくださいませんか
道を教えていただけませんか

新出語

  • お祝い/お見舞い・・・~をします、~をあげます、の形で扱う
  • 興味:物/事/人に~があります(「趣味L18」との混同が多い)
    何(①)興味(②)ありますか。 ①=〇に ×か
    何(①)趣味(②)ありますか。 ①=×に 〇か
  • かわいい:今では解釈が拡大してしまっているが、教科書では「子ども・ペット」にのみ使っている

授業記録

今回で最後となる授受だが、定着は難しいだろう。L41以降の例文などにこっそりまぎれさせて少しずつ定着を図る

考察

「くれてやる」
はどういう意味なのか。もちろん、日本人ならばわかる。しかし、説明できるか、と言われれば難しいのではないだろうか。まずは、授受表現3種をVテと繋げ、一覧にしてみる。
×あげてやる
×あげてくれる
×あげてあげる
〇やってあげるA→B
〇やってくれるA←B
〇やってやるA→B
×くれてあげる
〇くれてやるA→B
×くれてくれる

一覧からわかることは、「あげてやる」が×で、「やってやる」が〇である違和感①。さらに、「やって~」が全部〇であるのも違和感②がある。
違和感①②もこれで説明できる。
【「やる」が「する(do)」の意味を持ってるから】
「あげる・くれる」には「give」の意味しかないが、「やる」は2つの意味がある。
では、本題に戻って「くれてやる」である。

つまり!
〇やってあげるA→B
〇やってくれるA←B
〇やってやるA→B
やる=するなので、本則通り。何の問題もない
〇くれてやるA→B
実はこれ、静岡の方言らしい。意味はアゲル。ややぞんざいに聞こえるが、静岡では普通。静岡以外では役割語として使われ、日常では使われない。

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA