JLPT文法解説:たとたん(に) N3

スポンサーリンク

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

用法

接続

た形+とたん(に)    V:した+とたん(に)    A:なし  Na:なし    N:なし

 

意味・使い方

1.後ろに意志×

2.後件はマイナスの事・瞬間的な変化が多い

3.XとYには何かしらの関係性がある事が多い ・彼はお酒を飲んだとたんに性格が変わる (↑酒を飲む→変わるの関係を表せる)

 

比較文型:

たとたんにN3」「と思うとN2」「か~ないかのうちにN2」「がはやいかN1」「そばからN1」「なりN1」「やいなやN1」と、「すぐに~になる」を表す文型は非常に数が多い

 

例文

彼は結婚したとたんに、友達と飲みに行かなくなって、すぐに美人の奥さんがいる家に帰るようになった。

ずっと家族に会っていなかったから、家族の顔を見たとたんに涙が出た。

彼は奨学金をもらったとたんに欠席しはじめた。

バスに乗ったとたんに発車し、体勢を崩してしまった。

彼は、初めは強気だったが、「裁判」という言葉を聞いたとたんうろたえはじめた。

外に出たとたんに雨が降ってきた。

就職活動を始めたとたんに景気が悪くなってしまった。

スグニ族

たとたんにN3

と思うとN2

か~ないかのうちにN2

がはやいかN1

そばからN1

なりN1

やいなやN1

共通

① するとすぐに、の意で二つの事柄がほぼ同時に起こることを表わす。二つの事柄の主体は同じでも異なっていてもかまわない。

② 後件に意志性の文は基本的に不可だが、ナイカノウチニのみ「~てください」が可能な場合があるが、学生に教える必要はなく、全て不可だと言うに留める

前件が終わる→後件をするもの

・雷が鳴る/鳴った ◎途端に △と思うと ×か~ないかの内に ×が早いか ×そばから △なり △や否や 彼女は悲鳴を上げた (↑鳴る→聞く→悲鳴なので、鳴っているわずかな間に悲鳴は上げられない) (↑前件が終わった直後に後件という意味ならトタンニが適当)

・電話を切る/った 〇途端に 〇と思うと ×か~ないかの内に ×が早いか △そばから △なり ×や否や 彼女は悲鳴を上げた

・山頂に着く/いた △途端に ×と思うと ◎か~ないかの内に ×が早いか ×そばから ×なり △や否や 向かいの山の頭から太陽が昇ってきた (↑前件が先か、後件が先かはあまり重要ではなく、あいまいであるため、前件の途中で後件が起こるナイカノウチニが最も適切な文)

後件に意志性の文(命令・禁止・たい・よう等)が可能かどうか

・学校を卒業する/した ×途端に ×と思うと ×か~ないかの内に ×が早いか ×そばから ×なり ×や否や 彼と結婚するつもりです

・A社に着く/いた ×途端に ×と思うと ×か~ないかの内に ×が早いか ×そばから ×なり ×や否や こちらに電話してください

・玉子が固まる/った ×途端に ×と思うと 〇か~ないかの内に ×が早いか ×そばから ×なり ×や否や 、取り出してください

・このベルトコンベアでたんぽぽが運ばれてくるので、それを運ばれる/た ×途端に ×と思うと ×か~ないかの内に ×が早いか 〇そばから ×なり ×や否や 、これに載せてください (↑玉子の文は繰り返しではないからソバカラは△だが、この流れ作業では繰り返しなので〇。ナイカノウチニはその時点を強調する文型であり、運ばれた瞬間を強調する必要はないため×)

後件がある程度長期間か一瞬か

・妻は結婚する/した ◎途端に △と思うと △か~ないかの内に ×が早いか △そばから △なり △や否や 料理をしなくなった

・現地の空港に着く ◎途端に △と思うと △か~ないかの内に ×が早いか △そばから △なり △や否や 料理をしなくなった

・雷が鳴る/った ◎途端に △と思うと ×か~ないかの内に ×が早いか ×そばから △なり 〇や否や 彼女は悲鳴を上げた (↑ソバカラは繰り返しに使うので×。)

後件にマイナスかプラスか

そのストーカー男は彼女が家に帰る/った ×途端に △と思うと ×か~ないかの内に ×が早いか △そばから ◎なり 〇や否や 彼女の家に電話をかけた (↑ナリは悪い事柄によく使われる。そしてヤイナヤは前件の行為・事態を待ち構えて、追いかけるように後件を行うので、この文でなら〇)

口語的か文語的かの度合

口語的↓ そばから 途端に と思うと (これらはあまりニュースなどでは見られない) なり ないかの内に (あまり聞かないが、会話で聞かれないわけではない) が早いか や否や (会話ではまず聞かない) 文語的↑

それぞれの持つ他とは違う特徴

なり    :後件(主節)は望ましくない行為や状態が多い と思うと  :前件と後件で対照的 そばから  :繰り返し

+α「~次第」

これは事務的な場面でよく聞かれる ・報告書はでき次第お送りいたします

それぞれの詳しい解説

たとたんにN3」「と思うとN2」「か~ないかのうちにN2」「がはやいかN1」「そばからN1」「なりN1」「やいなやN1

コメント