「決める」と「決定する」と「決心する」の違い

詳しい文法の解説

「決める」と「決まる」は自動詞他動詞の違いでしかなく、意味は同じ。
「決心する」と「決断する」と「決意する」は語源が違うだけで、意味は同じ。

スポンサーリンク

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

例文と問題

まずは簡単なクイズで見ていきましょう。最も適当なものを選んでください。「この文はどちらも使えるんじゃないか」という文もあるはずですが、そうではなく、どちらかというとこちらの方が適当だ、という基準で選んでください。

 

どうでしょうか。恐らく正解は以下のようになったのではないでしょうか。

解説

それでは1つずつ見ていきましょう。

「決定する」

「決定する」は他の人や組織の意思によって判断が下されることで、自分ではどうしようもないことなどによく使われます。

また、「決める」と入れ替えができる場合が多いですが、漢語なので和語の「決める」よりもかたい印象を与えます。ですので、入れ替え自体は確かに可能ではあるのですが、違和感が伴います。

例えば、3番の例文、留学を「決めた」が〇になっていますが、留学が「決定した」でも構いません。しかし、その場合、まるで親が判断をしたように聞こえ、そこに留学する人自身の意志がないようになります。

「決心する」

「決心する」は人の強い信念、意志によって下される判断によって行うものです。

留学や結婚はその人の強い信念、意志によって下される判断によってするしないがあるので、「決心した」が最も適した答えとなります。

「決める」

「決める」はどんな文でも使えますが、反対に「決める」しか使えない文とはどういったものなのでしょうか。

それが5番と6番の例文です。
旅行に行くのに強い信念や意志は必要ありません。
夕飯を何にするのかについても同様です。

まとめ

「決定する」は他の人や組織の意思によって判断が下されることで、自分ではどうしようもないこと

「決心する」は人の強い信念、意志によって下される判断によって行うものです。

「決める」は最も使いやすく、会話でもかたい場面でも使えるものです。

コメント