2019年2月19日、一日のページビュー数13000超達成!

縮約形と短縮句の一覧と例、構造

Pages for Japanese learners

縮約形と短縮句(短縮形)と呼ばれるものがあります。その一覧と構造を紹介していきます。

スポンサードリンク

脱落型

い抜き

「~ている」が「~てる」となる現象です。

元の形
短くした形

勉強してます。
勉強してます。https://jn1et.com
     
どこに住んでますか。
どこに住んでますか。
     
1年前はここに住んでた。
1年前はここに住んでた。

ゆっくりしてってください。
ゆっくりしてってください。
     
母が連れてってくれた。
母が連れてってくれた。
    
話してて、気づかなかった。
話してて、気づかなかった。

長音脱落

意向形の「~よう」やあいさつの言葉の伸ばす音の母音が脱落する現象です。

元の形
短くした形

おはよ
おはよ

ありがと
ありがとhttps://jn1et.com

さよなら
さよなら

明日会お
明日会お

ほんとですか
ほんとですか

だね
そだね(2018年流行語大賞受賞)

でしょ
でしょ?https://jn1et.com

、知っている?
ね、知ってる?

、行こ
さ、行こ

縮約形

縮約形には様々な種類があり、箇条書きにすると以下のようになります。

ておく➔とく
てしまう ➔ちゃう
しまった ➔ちゃった
てはいけない ➔ちゃいけない
なければならない ➔なきゃ/なくちゃ
ないといけない ➔ないと
と聞いた/言った➔って
と言いましたか・は何ですか➔って?
てあげる ➔たげる

他にもありますが、とりあえず日本人がよく使うものはこれぐらいです。

ておきます➔ときます

元の形
短くした形

やっておきます
やっきます

やっておいて
やっいてhttps://jn1et.com

やっておいてください
やっいてください

おいておいてください
おいいてください

机においておいてください
机においいてください

てしまいます➔ちゃいます

元の形
短くした形

この しごと をやってしまいます。
この しごと をやっちゃいます。

かさ を わすれてしまいました。
かさ を わすれちゃいました。
 
かさ を わすれてしまって、こまりました。
かさ を わすれちゃって、こまりました。
 
しごと を してしまおう。
しごと を しちゃおう。

変換が難しいように見えますが、ルールは他の動詞と同じです

かう➔かって(て形)
しちゃう➔しちゃって(て形)
 
かう➔かわない(ない形)
しちゃう➔しちゃわない(ない形)
 
かう➔かえば(ば形)
しちゃう➔しちゃえば(ば形)

て/ではいけない ➔ ちゃ/じゃいけない

てはいけない ➔ ちゃいけない
ではいけない ➔ じゃいけない

元の形
短くした形

授業中 に寝てはいけません。
授業中 に寝ちゃいけません。

教室でお酒を飲んではいけないよ。
教室でお酒を飲んじゃいけないよ。

しなければならない ➔ しなきゃ/なくちゃ/ないと

元の形
短くした形

宿題をしなければならない
宿題をしなきゃhttps://jn1et.com/

明日はテストを受けなければならない
明日はテストを受けなくちゃ

明日は早く起きなければならない
明日は早く起きないと

すれば ➔ すりゃ かけば➔かきゃ ければ➔けりゃ

元の形
短くした形

宿題が終われば遊べる。
宿題が終わりゃ遊べる。

このレポートを書けば遊べる。
このレポートを書きゃ遊べる。

おいしければ食べる。
おいしけりゃ食べる。

してあげる ➔ したげる

今度 料理 を作ってあげる。
今度 料理 を作っげる。

って(?)

元の形
短くした形

と聞いた/言った/言っていた➔って
と言った?・は何?➔って?
 
先生が来てと言っていた
先生が来てって。 
 
コサンは何?https://jn1et.com/
コサンって?
 
明日の授業、9時からだと聞いたよ。
明日の授業、9時からだってよ。

縮約形を使った会話

ここで一旦、縮約形を使った会話の例を、少し強引ですが紹介します。

A:今日どこ行く?https://jn1et.com/
B:ごめん。今日はレポートをしなくちゃいけないんだ。
A:え?今日はデートでしょ?デートの前にやっといてよ。
B:そうなんだけどさ。昨日寝ちゃったんだよ。
A:じゃ手伝ってあげるから、早くやろ!

先生:寝ちゃダメだよ。https://jn1et.com/
学生:すみません。昨日遅くまで飲んじゃったんです。
先生:次の日が学校の時は早く寝ないと。
学生:早く寝なきゃと思っているんですが、やめられなくて・・・。

短縮句

音が加わったり脱落したりする現象を縮約形と呼ぶのに対して、短縮句とは、音が変わるのではなく、ばっさりと短くすることです。

かもしれない ➔ かも

元の形
短くした形

今日は学校に遅れるかもしれない。
今日は学校に遅れるかも。

明日も雨が降るかもしれない。
明日も雨が降るかも。

れば? たら?

元の形
短くした形

すればどう?/すればいいですよ ➔ れば?
したらどう?/したらいいですよ ➔ たら?

来ればどう?
来れば?

飲んだらいいですよ。
飲んだら?

具合が悪いなら、早く帰ったらどう?
具合が悪いなら、早く帰ったら?

口語的なものであることに注意

以上、縮約と短縮を紹介しましたが、これら多くは口語的であり、使用に注意が必要だということです。

つまり、使う相手を間違えると生活上、支障をきたす恐れがあるということです。支障をきたすとは、例えば相手を不機嫌にしたり、自身の評価を下げるということです。特に目上の人に使う場合は気を付けてください。

連濁や転音、音便、促音化、音韻添加、連声などについては以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

9つの変音現象┃連濁・転音・促音化・撥音化・半濁音化・音韻添加・音韻脱落・音韻融合・連声
複合名詞になる(合成語が構成される)とき、変音現象がおこることがあります。語の構成要素の音素が変化する現象のことを変音現象と呼びます。以下ではその現象9つの解説を例を併せて解説していきます。 連濁(れんだく) 後項成分の語頭音が濁音にな...

コメント