JLPT文法解説:てでも N2

用法

接続:Vテ+てでも

希望を実現するためならあらゆる手段をとると述べる際に用いる。絶対に後件をしたいという強い気持ちを表す

 

一緒によく使う言葉

前件:無理してでも・なんとしてでも

 

比較文型:「ても N4

Vテ・Aく・Naで・Nで+ても、~  N4 逆接
1.逆接を表す文型で、前件成立→後件成立を表す「~たら」とは反対に位置する用法。

例文

自己を犠牲にしてでも

やっぱり無理してでも行けば良かった

その決意はなんとしてでも貫き通せ

何としてでも安室ちゃんに逢いたい

周りの人間を犠牲にしてでも助かろうとしたがる

後回しにしてでも、どんどん作れる箇所をつないでいけば、 やがて方策も見えてくるはず

多少無理してでも試合に出る

今思うと無理してでも両方取るべきだった

予定キャンセルしてでも行っちゃう

舞台気になってるのでなんとしてでも観ます

早く言ってくれたら何としてでも行ったのに

課金してでもやりたいです

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA