JLPT文法解説:とか(伝聞) N2

JLPT
スポンサーリンク

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

用法

接続:Vフ・Aい・Naだ・Nだ+とか

ふつう形┃以下接続例
   V:する+とか
   A:難しい+とか
 Na:元気だ+とか
   N:雨だ+とか

意味・使い方

X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉

1.どこかで聞いた情報を他者に伝える伝聞の表現です。

2.特に情報源をぼかす際に用いられます。

3.同じく伝聞の「そうだ」「ということだ」より不確かな気持ちがあったり、はっきり言う事を避ける時にも用いられます。

4.日常これを使うと芝居がかった印象があり、日常生活ではあまり使われません。ドラマやマンガ内でAがBに耳打ちする場面などでよく見かけます。

比較文型:「とか(列挙)」

とか:列挙を表す「とか」の用法もあります。N2まで学んだ学習者なら知らない人はいません(初級の段階から作文などでよく「~とか」と書いたり話したりするほどです)。

よく一緒に使われる言葉・文型・表現

「・・・んだとか」
例:近所で火事があったんだとか。私達も気をつけないと。

例文

税金がもうすぐ上がるとか。生活がどんどん大変になるだろう。

桜がどこかで咲いたとか。もう春だ。

本人に聞いたわけではないが、あの二人が離婚したとか。娘さんはどちらの子供になるのだろうか。

あの銀行はもうすぐ潰れるとか。今の内にお金を全部おろしておかないと。

あのレストランはおいしいとか。今度食べに行ってみよう。

ライバル企業が新製品を発表したとか。我が社も急いで対応を考えないと。

近所のジョンさん、隣のエイミさんと不倫しているんだとか。

今年のGWは円高の影響で海外旅行に行く人が多いとか。

オリンピックの経済効果は100億以上だとか。

コメント