JLPT文法解説:のもとで のもとに N2

スポンサーリンク

用法

接続:N+のもとで +のもとに

1.Xが人なら「Xの指示で後件だ」。Xが愛や自由などの抽象的なものなら「Xという名分で後件だ」

2.「~の名のもとに」という慣用表現がある。「~のために」という意味で使われる。
  愛/自由/正義

例文

リーダーのもとでそのグループは成功した。

田中先生のもとでピアノを学びピアノの素晴らしさに気づいた。

山田監督のもとでチームは優勝した。

植民地の人々は独立と自由の名のもとに戦った。

スパイダーマンは称賛やお礼は求めずただひたすら正義の名のもとに日々戦い続けている。

その団体は女性の社会的地位の向上の名のもとに活動している。

コメント