入る前の日本語教育機関見分け方

新人だとなかなか学校選びに苦慮します。今回は入る前の学校の見分け方を紹介していきます。

初級教科書は何を採用しているか

みん日がほとんどだと思いますが、中でもみん日1版ならばそこはやめた方がいいでしょう。レベルが上がらないどころか、腐っていく一方です。

なぜなら、1版2版でほぼ変化のないみん日すら変える決断もできない牛歩学校だとわかるから。「貴校では教え方の見直しはなさっていますか」と聞けない、学校選びで迷っている新人の方々はやってみてください。

教員数と学生数の割合

教員数が学生に対して少ないところは危険。雇いたいけど人が来ない、来ないのには理由があります。労働環境が悪い、経営者の振る舞いが横暴など、様々考えられます。教員が少ないのをわかっていて雇おうとすらしていない場合もありますが、もしその理由で少ないのだなら大変危険な学校ということです。

他にも教室の形を見るというのもありますが、長くなるので、別ページに分けてあります。よかったらご覧ください。

履歴書の提出方法

メールでなく、わざわざ手書きで履歴書を要求してくる学校はやめておきましょう。もうそれだけでその学校が古い考え、教授法、設備、人員であることが丸わかりです。

「履歴書は手書きで時間をかけて書くものだ。筆跡からその人の人柄や教え方まで見えてくるのだ!」

などとおっしゃっている人事なり教務主任のもとで教えていては、日本語教師としてのキャリダウンです。

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA