JLPT文法解説:ようとする ようとしない ようとしている N2

JLPT
スポンサーリンク

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

用法 ようとする

接続

動詞の意向形+とする┃以下接続例
   V:しよう+とする
   A:なし
 Na:なし
   N:なし

意味・使い方

X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉

1.後件は意外なことが来ます。

2.予想していなかったことを話すのによく使われます。

3.逆接の「~が」などと多く接続します。

4.意志動詞につきやすいです。無意志動詞にもつけられる場合もありますが、その場合は、「~そうだ(直前)」の方が自然で、非文が作られにくいです。

?ボタンがとれようとしている。
〇ボタンがとれそうだ。

?あ、荷物が落ちようとしてるよ!
〇あ、荷物が落ちそうだよ!

5.「~ようとする」が文の真ん中か文末か、どこにあるかで使い方が異なります。文末におくと後件がないので、「後件に予想外のことが来る」という用法がなくなり、単なる直前を表す文型になります。

一緒によく使う言葉

X:終わる・始まる

副詞:これから・今にも・もうすぐ

例文

出かけようとドアを開けたら、雨が降ってきた。

タクシーで帰ろうとしたが、その日は電車が止まっていたらしく、全然タクシーを捕まえられなかった。

乾杯しようとした時、遅れていた田中が店に入ってきた。

窓を開けて空気を入れ替えようとしたら、突然虫が部屋の中に入ってきた。

寝ようとしたら電話がかかってきて、そのまま朝まで話してしまった。

買い物しようとしたら、財布を忘れていたことに気づいた。

試合がこれから始まろうとしている。

小さい子どもが道を渡ろうとしているよ。

生まれたばかりの馬の赤ちゃんが、一生懸命立とうとしている。

昔の友だちの名前を思い出そうとしたが、どうしても思い出せない。

用法 ようとしない

接続

動詞の意向形+としない┃以下接続例
   V:しよう+としない
   A:なし
 Na:なし
   N:なし

意味・使い方

X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉

1.「~さんは①ようとしない」の形で「~さんは全然①をしない」と非難をする際に使う。ただ何かをしないというわけではなく、その素振りや気配、様子すらないと言いたい時に使う。

よく一緒に使われる言葉・文型・表現

「全然・一向に・まったく」

例:彼は一向に働こうとしない。

例文

リンさんは試験が近いのに、全然勉強しようとしない。

彼は宿題をしようとしない。

彼は自ら望んでバンジージャンプに挑戦しに来たのに、一向に飛ぼうとしない。

彼は自身がよく遅刻をするくせに、人が遅刻した時は全然待とうとせずにすぐに帰ろうとする。

彼は教科書やノートを持ってこいという再三の注意にもかかわらず、まったく持って来ようとしないから、先生はもうかんかんだ。

息子はニンジンを食べようとしない。

彼は家族を顧みようともせず、ただ仕事に明け暮れていた。

バイト疲れで何度注意しても彼は起きようとはしなかった。

何度誘っても彼氏はディズニーランドに行こうとしないから理由を尋ねたら、頭に被り物をするのが恥ずかしいと言ってきて笑った。

コメント