JLPT文法解説:というものだ というものではない N2

スポンサードリンク

というもの  

このページでは「というものだ」と「というものではない」の二つの文型について解説する。この二つは、形は単なる肯定・否定で対になっているのだが、用法は単純に反対というわけではないので注意。

 

「というものだ」用法① 本当に~だ

接続

ふつう形+┃以下接続例
   V:する+というものだ
   A:難しい+というものだ
 Na:元気+というものだ
   N:雨+というものだ

 

意味・使い方

1.本当にXだ。それが本当の/当然のXだ。

2.話者の強い主観を表すので、「1足す1は2というものだ」という文は非文となる。正しくは「1足す1は2だ」である。

3.過去形や否定形はなく、常にこの形。例えば「というものではない」とすると用法が変わってしまう。

4.表現:苦労したかいがあったってもんだ(口語:ってもんだ)

 

一緒によく使う言葉

「愛情・友情・当然」

例:友達が困っている時に助けるのは当然というものだ。

 

参考文型:「というものではない N2」

「というものだ」は否定形にすると「というものではない」となるが、それは形の上だけでの話で、意味用法が単純に反対になるわけではない。「というものではない」は「とはいえない」という意味である。

 ・楽器は習えば自然にできるようになるというものではない

 

例文

家で家事をするのが女性というものだという考え方が昔はあった。

部下が失敗をしたら、責任を負うのが上司の責任というものだ。

学校に大金を払って学校で寝るのはお金の無駄というものだ。

勝者がいるから敗者がいる。それが勝負というものだ。

A:お母さん、学費や家賃払ってくれてありがとう。 B:子どものために何かするのが親というものだから、気にしないでいいのよ。

デート中はお金を払うのが男ってものでしょ?

それが人の魅力というものだ。

それが公正というものだと思う。

アートとは自己表現であるというものです。

長時間労働はますます酷くなり、労働者もこれが社会というものだと納得している者もいる。

一度倒され、修行し、強くなる!それが主人公というものだ。

家を建てて、子ども生んで、それが幸せ/普通の人生というものだという考え方が昔はあった。

スポンサードリンク

今の子どもは家でゲームばかり。それでは体が強くならないというものだ。

友達が困っている時に助けるのは当然というものだ。

一年で漢字を5000覚えるのは無理というものだ。

初日に遅刻するなんてただのバカというものだ。

 

「というものだ」用法② 物の説明

接続

ふつう形+┃以下接続例
   V:する+というものだ
   A:難しい+というものだ
 Na:元気+というものだ
   N:雨+というものだ

 

意味・使い方

1.物を説明する際に用いる

 

例文

これはエアーバッグというもので、安全のためすべての車についています。

この線は「側章」というものらしいです。燕尾服など格式の高い礼服に付いていることがあります。

巷では三連休というものだそうですが、私にはまったく関係ありませんね。

 

「ものではない」用法

接続

ふつう形+┃以下接続例
   V:する+というものではない
   A:難しい+というものではない
 Na:元気+というものではない
   N:雨+というものではない

口語であれば「というものじゃない」となることもある。さらに「というもんじゃない」「ってもんじゃない」という形もある。

 

意味・使い方

1.Xを一部否定したり、「Xだけではだめだ」という時に用いる
 ・勉強はすればいいというものではない(ただ勉強するだけではダメ。ちゃんと読解なら読解の解法、聴解なら聴解のをわかっていないとダメ)

 

比較文型:「わけではない N2」

わけではない N2

1.全体の中の一部を否定する言い方

比較文型:「とは限らない N3」

とは限らない N3

 

例文

ネットリテラシーって長年ネットやっていれば身につくというものでは全然ない

数が増えすぎると大変なので増えればいいというものではない

正論であれば、犠牲をかまわず断行してよい、というものではない。 ─山岡荘八

だからと言ってテキトーに乗り越えればいいというものではない

「部下の失敗はただ叱れば良いというものではない。失敗を自覚している時には慰めも又必要です。」松下幸之助

情報は武器だ 持っていると良いが多ければ良いというものではない

何でも当事者意識を持てば良いというものではない

コメント