JLPT文法解説:くらい N3

共通

よく使われる用法は「約」という意味で、名詞の後ろに付けて使うが、文型としても使われる
例:これくらいのかばんが欲しい

接続:Vジ/ナイ・Aい・Naな・N+くらい +ぐらい

スポンサードリンク

用法① 状態の程度

1.その程度が低い、又は高いという事を強調する

 

一緒によく使う言葉

食事もとれない・寝られない

 

比較文型:「ほど① N3」

ほど① N3」:意味・用法は「ほど」とほとんど同じだが、「ほど」は程度が強い場合によく使う
例:もう我慢できない ◎ほど 〇くらい の痛さだ

 

例文

一回寝たくらいで恋人だと思わないでよ

 

用法② ~は小さい・簡単だ

1.話者がNに下す判断基準を上回る、または下回る(軽視)ものを、ナンテの後で述べる

 

比較文型:「なんか N3」

なんか N3」は入替可能と不可があるが下クラスでは「ナンカ(軽視)と同じ」とは言わない方がいい。混乱する
→V・A・Naの接続 〇くらい ×なんか
→話者が「それはすごく簡単だ」という意味で発するなら〇くらい 〇なんか 
例:貧乏「シャネル ×くらい 〇なんか 私には買えない」
例:N4 〇くらい 〇なんか 少し勉強すれば誰でも受かる https://jn1et.com/

例文

体調が悪いくらいで学校は休まない

 

用法③ 前件より後件

1.前件をするなら後件する

 

例文

そんな事をするぐらいなら死んだ方がマシだ

 

軽視を表す文型

なんか②・などN3」 「くらいN3」 「にすぎないN2」 「ごとき①N1

口語的な度合い

「くらい・なんか」が最も口語的

くらい・なんか > など > にすぎない > ごとき

 

文中での軽視用法

使えるかどうかは後述するが、文脈や後件の言葉による

例:子ども 〇なんかに 〇などに ×くらい ×にすぎない 〇ごときに 負けるはずがない

スポンサードリンク

例:A:もっと子どもの事考えて
  B:子ども 〇なんか 〇など ×くらい ×にすぎない 〇ごとき 知るか

 

文尾での軽視用法

例:彼は頭はいいが、所詮子ども ×なんかだ ×などだ ×くらいだ 〇にすぎない ×ごときだ

 

動詞との接続

動詞に接続するのは「くらい・にすぎない」のみ。

例:それをする ×なんか ×など 〇くらい ×にすぎない ×ごときに 誰だってできる

例:当たり前の事をした ×なんかだ ×などだ ×くらいだ 〇にすぎない ×ごときだ

 

形容詞との接続

い形とも接続するとある参考書もあるが、色々ない形で文を作ろうとして、できなかった。ある行為(動詞)や事物(名詞)に対しての評価、感想を述べるので、状態を述べるい形とは相性が悪いのだ。
な形は〇。これは名詞とな形の性質類似による
例:彼は元気そうにしているが、ただのから元気にすぎない
例:彼は日本国内でのみ有名にすぎない

 

Xが指示詞だと本来文中では〇の「なんか・など」も使いにくく、または使えなくなる

例:そんな事 ?なんか ?など 〇くらい ×にすぎない ×ごとき 自分でやりなよ

例:それ?なんか ×など 〇くらい ×にすぎない ×ごとき 自分でやりなよ

 

他用法での比較

謙遜
例:私〇なんか 〇など ×くらい ×にすぎない 〇ごときが こんな物をいただいてもよろしいのでしょうか

例示
例:こちら 〇なんか 〇など ×くらい ×にすぎない ×ごときが いかがですか

ような
例:山 ×なんか ×など ×くらい ×にすぎない 〇のごとく 仕事がある


例:ここにいるのは10人 ×なんかだ ×などだ 〇くらいだ ×にすぎない ×のごとき

状態の程度
例:足の痛みはもう我慢できない ×なんかだ ×などだ 〇くらいだ ×にすぎない ×のごとき

 

それぞれの詳しい解説と例文

なんか②・などN3

くらいN3

にすぎないN2

ごとき①N1

コメント