教材をあげますか。 共有派と非共有派

皆さんは、ご自身がお作りになった教材をあげてもいいと思えますか。

嫌だ

私のTwitterでアンケートをしたので、まずはその結果をご覧ください。

あげる:79%
あげない:21%

あげる人が過半数を占めていますが、注目してほしいのは、それを快く思っているかどうかです。

嫌じゃない:56%
嫌だ:44%

あげる人は確かに多数を占めていますが、4割強、約半数の日本語教師が「嫌だ」と思っているようです。
ここから言えることは、「教材あげる」というのは全く、というかもちろん問題はありませんが、「教材ちょうだい」は危険だということです。

思い込み

アンケートで一つ目の選択肢を選んだ、自分があげるのに抵抗がない人は、他の人も抵抗ない“はず”だと思ってしまいがちです。逆に四つ目の、嫌だしあげたくもないを選んだ方は、人に「教材ください」と言うのに抵抗がある、もしくは言わないのではないでしょうか。

会員制の共有システム

「教師の半数が嫌だと思うのならそれちょうだいと言うのが気軽にできないわ」

という方は、学校内、または自分の身内内で会員制の共有システムを構築してみてはどうでしょうか。共有派と非共有派で人間関係がギスギスしそうですが、問題ないでしょう。なぜなら、自分の教材が最も優れ、他と共有する必要がないと思っている方はそもそもそのシステムに参加させてほしいとすら思わないからです。

日本語教師の多くがデジタルツールを扱えない現在、「グーグルドライブなどのクラウドサービスでファイルをシェア」なんて言ったらもうそれだけで吐き気を催されそうですが、使い方を訓練させるしかありません。「機械はゼッタイ無理!」ということでしたら、学校の隅におっきな段ボールでも置いてそこに物理的な教材をプールしておけばいいでしょう。

関連

日本語教師の戦争

無理強いはしない

私がこのアンケートを行ったのは、共有に抵抗がある教師がいることを知ってほしかったからです
子育てしながら僅かな隙間時間をなんとか捻出、教案や教材を睡眠時間と命を削って作り上げた“作品”に対して

「それちょうだい」

快く思わない人もいます。

そして、アンケートの選択肢の3つ目『嫌だ。できればあげたくないが、あげる』が23%もいます。つまり、『断れずに譲渡する』方が23%ということですから、

「こういうところ(クラウドなり段ボール)で共有してるから興味ある人は参加してねー」

と言えば円満に解決できるのではないでしょうか。

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA