知らない間に給料から4万円引かれる

給与計算をしない日本語教師が多過ぎる。
算数もできない日本語教育機関も多過ぎる。

ずいぶん昔からこれについてはFacebookやTwitterで喚起しているのですが、ここで改めて書こうと思います。

私がこれまで教育機関で騙し取られそうになった1回の給与の最高額は4万円です。これまでのを全て足せば数十万円はあるでしょう。もちろん全て取り返しています!

普段学校の体制に不満を言い、不信感いっぱいで働いている多くの日本語教師が、なぜ給与に対してだけ「ま、大丈夫だろ」と寛容的なのか甚だ疑問です。

「4万だから気づいたんだ。私だって4万も少なかったら気づいていた」と言われたこともありますが、では、1万や5千円だったら気づかないのでしょうか。そちらの方が問題です。

非常勤はしっかり給与計算しましょう。私も何度も間違われた事がありますし、額も数千円~数万円までと様々です。1つの機関ではありません。色々なところで何度も間違われました。

「教師もたくさんいるし、経理は計算するだけが仕事じゃなくて他にもたくさん仕事があるんだから間違えるのは仕方がない。人間だれしも間違えるんだから」

ふ・ざ・け・る・な。そんなフォローはできません。間違っていいことといけないことがあります。もう何度も言いますが、数回じゃありません。数十回です。

少しの手間を惜しんで数万円消し飛ぶぐらいなら、私は毎月しっかり計算して自己防衛します。

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA