JLPT文法解説:であれ であろうと N1

用法

接続:N+であれ

接続:繰り返して【N+であれN+であれ】の形も

接続:V意・Aく/かろう・Na/Nであろう+~と(も)

1.「たとえ前件でも、必ず後件になる」という話者の意志を示す。後件は「事態は同じだ」という意味の文

2.文頭に「どんなに・たとえ・いくら」などがくることもある

3.話者の主観的判断や推量を表す文が多い

4.接続の仕方が多く、文型自体も形が多い面倒な文型

比較文型:「ても

逆接の用法は同じだが、テモは初級でも勉強することからもわかる通り、使いやすく、日常では断然テモの方が使われる
 ・こんな大きなテレビ、安〇くても △かろうとも 邪魔になるから買わないよ

例文

どんな大雨であろうと、彼は朝のランニングを50年間続けた

外国人であれ日本人であれ、日本にいる間は日本の法律を守らなければならない

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA