JLPT文法解説:ことか N2

スポンサーリンク

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

用法

接続

ふつう形┃以下接続例
   V:する+ことか
   A:難しい+ことか
 Na:元気な+ことか
   N:時間である+ことか

意味・使い方

X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉

1.本当にXだと述べる際に用いるかたい表現。

2.話す人の不満の気持ちが含まれる事が多い。

3.誰かに対して言う訳ではなく、独り言のように使うことが多い。また、誰かと会話中にこれを発話する場合も、その人というよりも、独白的な使い方が多い。

4.コトカの後ろには様々な文が隠れているが、これを言わない事で強調を表す。
 ・どんなに楽なことか(わからない。
 ・主婦がどれだけ大変なことか(知らないでしょ?

よく一緒に使われる言葉・文型・表現

「何度・なんと・なんて・どんなに・どれだけ」

例:息子は本当に釣りが好きだから、この釣竿を見たらどんなに喜ぶことか。

例文

大好きな人に好きって伝えられることがどんなに幸せなことか。

出産後、また働ける職場がないと言う事がどんなにひどいことか。

親の金で学校に通えるのがどれだけ贅沢なことか。

平準化して採用していかないと年次構成が歪む。その後の始末がどれほど大変なことか。

自分は正しいと思うことが、どんなに傲慢なことか。

普通の生活を送れることがどれだけ幸せなことか。

ただの郷土愛を「ネトウヨ〜!」と騒ぐ方々の、如何に異常なことか。

真綿で首を絞めるような今の運営の方針のどれだけ残酷なことか。

あいさつの多さや接客の丁寧さ、日本人のどれだけ礼儀正しいことか。

コメント