JLPT文法解説:あまり あまりの~に N2

スポンサードリンク

用法① あまり

接続

Vジ/タ・Naな・Nの+あまり┃以下接続例
   V:緊張する+あまり
   A:恥ずかしい+あまり
 Na:大変な+あまり
   N:恥ずかしさの+あまり

 

意味・使い方

1.前件過ぎて後件になった

2.後件には普通からは少し逸脱した反応や行為が来る。

3.接続は肯定形のみで、い形は「~さ/み」と名詞化して接続

 

一緒によく使う言葉

「てしまう」

例:あまりの恥ずかしさに、その場から逃げてしまった

 

例文

娘が死んで、彼は悲しみのあまり心の病になってしまった。

驚きのあまり、声も出なかった。

彼は身長を気にするあまり、ついに手術をして身長を伸ばした。

感動のあまり言葉を失っている。

緊張のあまり表情が固くなっている。

驚きのあまり顔が引きつっている。

耐性とは、薬を飲み過ぎたあまり、効き目がなくなることだ。

緊張のあまり過呼吸になった。

興奮のあまり気絶した。

僕は嬉しさのあまりCDショップの駐車場で気絶しそうになりました。

スポンサードリンク

恥ずかしさのあまり逃げてしまった。

 

用法② あまりの~に

接続

あまりのNに
   V:緊張する➔ あまりの緊張に
   A:恥ずかしい➔ あまりの恥ずかしさに
 Na:大変な➔ あまりの大変さに
   N:あまりの+恥ずかしさに

 

意味・使い方

1.N過ぎるので、後件になった

2.接続は肯定形のみで、い形は「~さ/み」と名詞化して接続

 

一緒によく使う言葉

「てしまう」

例:恥ずかしさのあまり、その場から逃げてしまった

 

例文

自分のあまりの運の良さに驚いた。

あまりの酷さにめまいがした。

あまりの反響に再販が決定した。

出産時、母はあまりの痛みに気絶してしまったらしい。

あまりの美しさに言葉を失った。

あまりの忙しさに家のドアを開けたとたん玄関で倒れて寝てしまった。

あまりの眠さに目も開けられない。

あまりのかっこよさに歓声が上がった。

イベントの時はあまりの緊張に吐いてしまった。

あまりのことに私ももらい泣きしてしまった。

コメント