JLPT文法解説:際(に/は)  N2

用法

接続:Vジ/タ・Nの+際(に/は)

1.他のどんな時でもなく、まさにその時だ

2.硬い言い方なので、公的な場面でよく使う

3.「際は」→「てください」のパターンが多い

比較文型:「上で N2

 ・去年のクリスマスの ×上で 〇際に 彼と離婚した
  ↑クリスマスは動作性のVではない

比較文型:「~時

例文

子供を守ろうとした際に、彼は怪我をした

首相が去年いらっしゃった際にいただいた物だ

彼は去年の被災の際に東京へ引っ越して来た

申込用紙を記入の際は、必ず例をお読みになってからお書きください

給与に関しては、面接の際にお話したいと思います

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA