JLPT文法解説:どころか N2

接続:フ(Naな・N)+どころか

用法① Yの強調

1.Xを一部(2.)または全て(3.)否定し、Yを強調する

2.後件が肯定文の場合「Xはもちろん、それより程度の重いYもそうだ」
 ・米は日本~世界中で食べられている

3.後件が否定文の場合「Xはもちろん、それより程度の軽いYもそうではない」とXもYも否定する文になる
 ・彼は酷いケガで、歩く~立つことすらできなかった

例文

米は日本どころか世界中で食べられている

彼は酷いケガで、歩くどころか立つことすらできなかった

用法② XよりもYだ

1.Xよりも程度の重いY、と述べる時に使う。Xはもちろん、という意味にも

2.XとYは同種のものが多い。同種でないこともあるが、違和感がある
 ・彼は頭がいい~性格までいい
 ?彼はハンサムな~性格もいい

例文

彼は町では有名どころか知らない人はいないほどだ

用法③ XではなくYだ

1.XではなくYだ、というYを強調する言い方。

2.目の前の人が言った事に対し、それを否定または、確認する時にもよく使われる

程度の対比を表す文型

はおろか N1」  「ばかりでなく N3

うえに N3」  「のみならず N2

どころか N2」  「ばかりか N2

にかぎらず N2」  「だけでなく N3

はもとより N2

例文

一人でよく来られたね。迷わなかった? …迷うどころか簡単に着いたよ

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA