JLPT文法解説:すえ(に/の) 末に N2

用法

接続

Vタ・Nの+すえ(に/の)

 

色々した後で、~(結果は悪い事・良い事両方可)

前件のV・Nを長い時間した、そして後件をした/なったという意味

アゲクと違いはないと書いてある参考書もあるが、どうだろうか

 ・10以上もの病院を回ったあげく、ついに彼を治せると言う医者が表れた
  なんだか落ち着きが悪い。アゲクは悪い結果を導くものだと思うので

 ・10以上もの病院を回ったあげく、とうとう彼は息を引き取ってしまった
  という文が自然

 

一緒によく使う言葉

迷う・考える・繰り返す・「色々・さんざん・長時間N」

 

比較文型:「あげくに N2

接続:Vタ/Nの+あげく(に)

アゲクと使うと、話者の「あーあ、結局だめだったよ」という悔しい気持ちが出る

 ・300億もつぎ込んだビル建設事業は、大金と時間をかけたあげく中止になった
 ↑アゲクを使って、頓挫したという言葉に歯がゆい気持ちが含意されている

 ・コールドにもつれこむほど激しい延長戦のあげく、Aチームが勝った
 ↑応援していたのは間違いなくAチーム側の人間ではないことがわかる。最後を「Aチームに勝たれた」にすればなお悔しい気持ちが際立つ。オプションで文末に「勝たれてしまった」を更に加えると、悔しくて歯ぎしりをするファンの声が聞こえてきそうだ

 

例文

二年間勉強したすえ大学に合格した

30年間の結婚生活のすえ私たちは離婚した

いろいろ考えたすえ転職することにした

3年間のいじめのすえ彼は自殺した

2年間も留学したすえに出した決断は帰国だった

東大合格は努力したすえの結果である

社長は一晩考えたすえ、A社の傘下に入る事にした

Aチームは苦戦のすえにBチームに勝った

思い違いのすえに恋の縁が途切れた

自己犠牲のすえに自分を喪った時、どんなに嘆くかなんて思いもよらないという一種の残酷さ

苦渋の決断のすえに生き残る為にとった策

日本語教師のN1et、管理人による日本語教師養成レッスン詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA