JLPT文法解説:次第 N2

用法① ~てから、すぐ~ N2

接続:Vマス・N+次第

1.前件になったらすぐ後件をする

2.報告や連絡でよく使われる

3.「てからすぐ」という意味だが、後件はほとんど働きかけの文が来る
 ・この人気のパンは発売?次第〇とたんに、すぐ売り切れた

4.3gVと接続する場合「3gVし+次第」と「し」が連続し言いにくいため「3gVのN部分+次第」で使われる事が多い

例文

予定が決まり次第、すぐ知らせてください

資料の準備ができ次第、お送りします

連絡があり次第、出発しましょう

用法② によって N3

接続:N+次第だ/で

1.Xのいかんによって状況が変わることを表す

2.①と③は硬いが、②は会話などでもよく使われる

一緒によく使う言葉

「次第で」の場合はXで状況が変わるので、後件に「かどうか」を多用
「次第だ」の場合はYで状況が変わるので、前件に「かどうか」を多用

例文

努力次第で合格できるかどうかが決まる

用法③ ~わけだ N3

接続:Vフ・Aい・Na(である)・N(である)+次第です

1.Xという結果になった経緯、なぜXになったかを説明する言い方

2.使い方が難しいので、QAのQを「なぜ~か」で始めて教授

3.文型の形は「~だ」なのだが、上司やソトの人に言う場合が多いので、「~です」を基本形に教授

4.文中で使う場合は「次第で」となるが、②と被り面倒なので、伏せる

例文

A:どうして連絡しなかったんですか
B:事故にあって、今病院から電話している次第です

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA