JLPT文法解説:まま N4

用法

接続:Vタ/フの現在形(Vジは除く)+まま

1.付帯状況の「~て」のようだが、似て非なるもの
 ・ソースをかけ 〇て ×たまま 食べる

しかし、これも
 ・座っ 〇て 〇たまま 話す
と両方〇になる場合もある

一緒によく使う言葉

置く・つける・開ける

比較文型:「っぱなし N2

「その後の状態が残存している」という意味は共通している
 ・靴下を脱〇ぎっぱなし 〇いだまま にしてはいけない

しかし、ッパナシは「次の動作がなされる事が期待される」ものであり、後件は禁止表現(しないで・てはいけない)がよく使われる。例えば「テレビはつけたら消さなければ」というのが前提である
 ・テレビをつけ◎っぱなし 〇たまま にして寝てはいけない

タママは「動作Xに伴ってYする」という意味なので、Aのような後件がない文ではタママに違和感が出る
 A警備員の仕事は立〇ちっぱなし ?ったまま だ
 B警備員の仕事は立ったまま周囲を警戒しなければならないので、意外と大変なのだ
 C彼は息子を連れ×っぱなしで 〇たまま どこかへ行ってしまった
Cのッパナシが×なのは、「次の動作がなされる事が期待される」というッパナシの用法による。息子を連れてどこかへ行く事が期待されているとは考えにくい

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA