留学生は日本の自殺率について何を思うのか

自殺についての授業。

読解ではよく取り上げられるテーマなので、なんとなく学生も多いんだろうなとは思っていたようだった。日本で一年間に何人自殺したと思うか聞いてみた。100人や1000人など、万越えはなかったので、

T:3万以上です
S:多い!

と驚いていた。

T:しかも、3万という数字は死体が発見された数であって、実際にはもっといるからね
S:!

とさらに驚いていた。

その後、

T:過労死っていうのがあって、日本人は疲れて死ぬよ
S:どういう意味ですか。疲れて死にません(困惑)

で驚きも最高潮に達していた。

日本人が海外のハリケーンの映像を見るような「ウチの国じゃあそんな物騒なもん起こらねえよ!」という顔で過労死についての現状を聞いていた。その後、日本の有給消化率や、新卒カードなどについて話し合った。自分でも説明しながら、そして留学生の価値観に揺さぶられながら、日本のカオスっぷりを感じた。

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA