JLPT文法解説:までだ N1

スポンサーリンク

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

用法① 脅し・突き放し

接続

動詞のふつう形+までだ┃以下接続例
   V:する+までだ
   A:なし
 Na:なし
   N:なし

意味・使い方

X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉

1.「~だけ」と同じように使われ、「~をしなければ~するだけだ」と冷たく言うことが多い。

2.「Xなら/たら、Yまでだ」の形が多い。

3.誰かに言う時は脅しと突き放し、自分に言う時は覚悟を表す。

 ・脅し:海外転勤できないなら、辞めてもらうまでだよ。

 ・突き放し:問題があれば、解決するまでだろ。

 ・覚悟:他人が何をしようと関係ない。オレはオレのなすべきことをするまでだ。

例文

金がなくて返済できない?じゃ死んでもらうまでだ!

A:勉強したくないです B:勉強しないなら、落第するまでだよ。

もちろん、彼らも排除するまでだ。

近付いて来たら落ち着いて駆除するまでだ。

忘れられてたら思い出してもらえるよう努力するまでだな。

協力しないなら、チームから外すまでだ。

 

用法② 意向・覚悟

接続

動詞のじしょ形+までだ┃以下接続例
   V:する+までだ
   A:なし
 Na:なし
   N:なし

意味・使い方

X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉

1.「~だけ」と同じ意味用法で用いられる
 ・食べる物がないなら、我慢するまでだ/だけだ

2.将来に対する話者の意向を表す

3.自分に対して言うもので、その発言を聞いた誰かは話者の意向を汲み取ることができる

4.「~までのことだ」という形もある

例文

親にできることはあまりない。後は子どもを応援するまでだ。

本人が幸せなら、それを応援するまでだろ。

自分で出来る範囲の仕事をするまでだ。

彼女が僕を頼ってくれるのなら僕はそれに応えようとするまでだ。

個々の選手に役割を与え、全員が責任感を持って役割を実行できるようにするまでだ。

起こり得る問題がわかってるならば対策するまでだよ。

邪魔をするなら排除するまでだ。

 

用法③ 謙遜

接続

動詞のた形+までだ┃以下接続例
   V:した+までだ
   A:なし
 Na:なし
   N:なし

意味・使い方

X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉

1.自分の行為に対して「Xしただけ」と謙遜する用法。

例文

A:ありがとうございます。 B:いいえ、私は荷物を持ったまでです。

私は困っている人を助けたまでです。大したことはしていません。

コメント