JLPT文法解説:きらいがある N1

用法

接続:Vジ/ナイ・Nの+きらいがある

1.~のようだ・~の傾向がある

2.はっきりとした根拠があるわけではないが、なんとなくそう感じられると述べる

3.ネガティブな言葉と共起しやすい

4.何かを非難する際によく用いる

 

一緒によく使う言葉

どうも~きらいがあるようだ

~すぎるきらいがある

 

比較文型:「ようだ N4

 

例文

今の世の中は周囲の言葉に過敏過ぎるきらいがある

貴方は人に対して少々優しすぎるきらいがあるようで

嘘をつくなとは言わないが、お前は時々馬鹿みたいに優しすぎるきらいがあるから

活字中毒のきらいがあるので

夜尿症のきらいがあるかもしれない

全体的に初期手札の運要素が強過ぎるきらいがある

折角の考え方も極論に走り過ぎるきらいがある

俺もそう思うが「何においても」っていうと広すぎるきらいがある

私の作品は状態異常が強すぎるきらいがあるので、これで帳尻合わせになると良いのですが

化け方が上手すぎるきらいがある

室井さんは最近大人しすぎるきらいがある

口調も落ち着いてて一人称も私とかなんだけど、情に厚いきらいがある

ちょっとこの曲は荘厳すぎるきらいがあるので、使いどころが決まらない

私は趣味に関しての対人関係スキルとフットワークが軽すぎるきらいがある

伝統的なファンタジーは白人の国発祥だから白人文化偏重のきらいがある

この枕は柔らかすぎるきらいがある

確かに展開が早いきらいがあるかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.