N2文型┃grammar

スポンサーリンク
JLPT

JLPT文法解説:ようとしている N2

用法 接続:V意向+ようとしている 1.物事がこれから変化する直前を表す。始まる直前だけではなく、終わる直前もあるので※ 2.瞬間動詞につく 3.無意志・意志どちらも可  ・人はどこへ向かおうとしているのか  ・あんな政...
JLPT

JLPT文法解説:やら N2

用法① など N2 接続:Vジ・Aい・N+やら~+やら 1.代表的なもののみを挙げる用法で、不満を表す 2.人にも使うが、動物、植物、物などに使う事の方が多い 3.マミレのように、話者の不満や不快な気持ちが出る  ・日本語学校には...
JLPT

JLPT文法解説:もかまわず N2

用法 接続:N+もかまわず 1.Xを気にせず 例文 子どもたちは就寝時間もかまわずずっとゲームをし続けている 彼氏は身なりもかまわず出かけるので、一緒に歩くのが恥ずかしい 黒髪が乱れているのもかまわずに伏せていると、髪をかき上げ...
JLPT

JLPT文法解説:のことだから N2

用法 接続:N+のことだから 1.Xだからきっと後件だ 2.文末に来る場合は「~のことだ」となる  ・彼のことだ。今日も遅刻するだろう 3.後作が作りやすい文型で、無限に文が作れ、非文も作られにくい点を活かして活発な授業展...
JLPT

JLPT文法解説:に応じて N2

接続:N+に応じて +に応じ +に応じた 用法① 基準で決まる、変わる 1.ある基準(前件)と比べて後件がどうなのか(これは次第に族の用法とは違う) 2.この①の用法では、次第に族の例文との入れ替えができない。判断が難しいが、後件の述...
JLPT

JLPT文法解説:をめぐって N2

用法 接続:N+をめぐって 1.Xの事について情報の移動を行う 2.動作主は複数  ・自分の将来 ×をめぐって 〇について ×に関して 一人部屋で悩んでいた  (↑一人で行っているため×メグッテ。自分の将来はすこぶる私的なので...
JLPT

JLPT文法解説:に関して N2

用法 接続:N+に関して 1.Xの事について情報の移動を行う 2.YがNの場合「に関する」となる 3.話す、聞く、などの行為で扱う対象を言う時に使う文型 例文 このことに関して私は物心ついた時からずっと考えてきた 条件や稼ぎに...
JLPT

JLPT文法解説:につれて N2

用法 接続:Vジ・N+につれて 1.前件の変化→後件の変化 2.「につれ」の形も 例文 梅雨になるにつれて、じめじめしてくる 街は寒くなるにつれて、だんだんとクリスマスムードに変わっていった 次第に変化する事を表す文型 ...
JLPT

JLPT文法解説:ところだった N2

用法 接続:Vジ/Vナイ+ところだった 1.危険なこと/悪い結果にもう少しでなったと言う時に多用するが、「いい状況の一歩手前だった」ことを表す文もあり、その場合は最後がノニで終わることが多い 2.後件はズジマイダ同様、実現しなかったも...
JLPT

JLPT文法解説:どころか N2

接続:フ(Naな・N)+どころか 用法① Yの強調 1.Xを一部(2.)または全て(3.)否定し、Yを強調する 2.後件が肯定文の場合「Xはもちろん、それより程度の重いYもそうだ」  ・米は日本~世界中で食べられている 3.後件が...
JLPT

JLPT文法解説:ったら ってば N2

用法 接続:N+ったら +ってば 1.Xを主題に、批判的な文が続く 2.女性的な表現(ナルトが使っているが、それは役割語) 3.現実の世界では文章内でのみ使われ、本などの作品内でなら会話でも使われる 4.JLPTで級としてはないが...
2017.04.13
JLPT

JLPT文法解説:っぽい N2

用法① Nの感じがする 接続:A・N+っぽい 1.話者の気持ち。そう感じる 2.「理屈/水~」などX自体に悪い意味はないが、ポイが付くことで悪くなる 3.話者の思う基準とはズレているという意味なので、マイナス評価になりやすい 4....
2017.04.13