JLPT文法解説:に先立って N2

スポンサーリンク

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

当サイト管理人による、日本語教師養成個人レッスンの詳細はこちら

用法

接続

名詞だけに接続┃以下接続例
   V:なし
   A:なし
 Na:なし
   N:出発+に先立って/に先立ち/に先立つ

意味・使い方

X:文型の直前にある言葉 Y:文型の直後にある言葉

1.Xの前にYを行うという事を言う際に用いる

2.ビジネスシーンでよく使われる

3.Nは大きな仕事や行為

よく一緒に使われる言葉・文型・表現

「ておく」

例:会議に先立って、資料を集めておかなければならない。

比較文型:「まえに」

例文

最近は死に先立ち墓を作っておく高齢者が増えているそうだ。

海外旅行に先立って、荷物は全部向こうに送っておいた。

夏に先立って新しい水着を買った。

アメリカ大統領の訪問に先立って、空港前は警察がたくさんいる。

来年の大学の面接に先立って、今から会話とスピーチの練習をしておこう。

来年の甲子園に先立って本校では練習器具や練習メニューの刷新を行っている。

試験に先立って勉強の仕方を先生に教えてもらった。

映画の公開に先立って、ダン・ブラウン『インフェルノ』をもう一度読んだ。

日本時間10月30日朝8時より、Worlds決勝に先立ってオープニングセレモニーが行われます。

10/29(土)のC91当落発表に先立って、ニコ鉄C91で頒布する路線図の受注を行います。

戦闘開始に先立って現地に物資を運び込みました。

本日の受賞式に先立って、お祝いのプレゼントが届きました。

コメント