【語彙力>文法音声学統語能力社会言語的知識要約能力自己評価】

初級よりも上級の方が時間通りいくという事が少ない。

どちらも盛り上がるほど時間がきつくなってくるが、上級は初級の比ではない場合が多い。一人一人が力があるので話したがるし、それが長く、そして”圧”がある。初級は頑張っても複文で、文章で攻められるレベルにない。

しかし、初級でも単文でばんばん攻める優秀な学生はいる。文法?知らねえなあ!俺は話したいんだよ!と言わんばかりの姿勢で、文法ぐちゃぐちゃだが、とにかく喋る喋る。上級になったらこの学生はどうなるんだろうと期待させられる。
語彙力>文法音声学統語能力社会言語的知識要約能力自己評価

最も大切なものは語彙力、ではなくコミュニケーション能力なのではないだろうか。

 

おすすめ記事!

28の日本語をおしえる際の授業のコツまとめ

【画像】初級の9つの助詞一覧 用法の教え方 練習問題つき 9 beginner particles(Josi) usage and method with exercise problem

【画像】「~形」まとめ ┃「て形」から「使役受身」まで

【画像】完全攻略!意志動詞・無意志動詞とは

【画像】助詞「は」「が」の用法 違いと使い分け

【画像】FC(フラッシュカード)の作り方と使い方 無料ダウンロード付き

日本語教育能力検定試験対策室 -勉強法- (独学で合格する方法)

読解と聴解授業の教え方

初級おすすめ参考書

Japanese Lessons

日本語学習者向け 個人授業 Private Japanese Language Lessons

日本語教師養成個人レッスン

お知らせ

2018年8月7日 『試験や宿題の添削を完全に0にする方法┃note』公開!!【8月31日までセール価格】です。無料サンプルはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください