JLPT文法解説:ように言う N4

用法

接続:Vジ・Vナイ+ように言う

1.人1が人2に何かを指示した内容を「して・しろ・するな」というときつく感じるので、これを用いて語調を和らげ伝える(初級ではで「人1は人2に~しろと言った」と教授)

2.和らげるといっても、指示する際の文型なので、目上には周辺の語形を変化させて使う
 ×社長にあまり遅刻しないように言った 〇~していただかないように~

3.七夕の「お金持ちになれますように(、と祈った)」はこの文型を省略したもので、祈る時にも使え、その際丁寧形が用いられることもよくある

参.して【指示】・しないで【禁止】・ようにしてください【習慣的(継続的)な指示】

比較文型:「と言うL21

例文

彼に早く学校へ来るように言った

彼に遅刻しないように注意した

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA