JLPT文法解説:をめぐって N2

用法

接続:N+をめぐって

1.Xの事について情報の移動を行う

2.動作主は複数
 ・自分の将来 ×をめぐって 〇について ×に関して 一人部屋で悩んでいた
 (↑一人で行っているため×メグッテ。自分の将来はすこぶる私的なので×カンシテ)

3.YがNの場合「をめぐる」となる

4.メグルは「巡る」と漢字で書かれる。「巡る」の意味は「~の周りを回る」という意味である。「つまり議論されている事柄N(議題)の周りを囲って複数で議論する」というイメージである

例文

亡くなった父の土地/マンション~兄弟はケンカした

相手・対象族

について N3

に関して N2

に対して N3

を巡って N2

相手・対象マトメ分類

についてN3
 対象
 制限ゆるい
 唯一初級(L21)で既習
に関してN2

 硬いニツイテ
 制限きつい
に対してN3
 ①対象②対比
を巡ってN2
 議論する
 マイナス寄り

【Ⅰについて に関して】【Ⅱに対して】【Ⅲを巡って】のように分けられ、その中でもⅡが異質

ニツイテ:内容  ニタイシテ:行為の対象

 ・社長に対して質問した(質問した相手は社長)
 ・社長について質問した(質問した内容は社長の事。質問した相手が社長かどうか不明)

硬さ・会話での使用率

を巡って・に関して > に対して > について

動作主の数

について→単・複
に関して→単・複
に対して→単・複
を巡って→複

複合助詞として見た時に切り離して、V部をVジにできるもの

について→×につくN
に関して→〇に関するN
に対して→〇に対するN
を巡って→〇を巡るN

以下2点より、ニタイシテは「行為」と「内容」に影響する文型であり、異質である

◆内容に『のみ』言及している文型かどうか
 〇について 〇に関して ×に対して 〇を巡って

◆助詞「に」と入れ換え可能かどうか
 ×について ×に関して 〇に対して ×を巡って
ニタイシテは対象の助詞「に」と置き換え可能な場合が多い

それぞれの詳しい解説と例文

について N3」 「に関して N2

に対して N3」 「を巡って N2

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA