管理人

管理人のカキアゲです。

日本語教師を生業にしています。主に東京近辺で様々な人に日本語を教えています。

N1etを作った理由

まずは当サイトについてですが、実はこのサイト、3つ目です。一つ目はもうネットの海から削除してしまいましたが、2つ目、『日本語教師のN2et(2012年~)』はまだ残してあります。そして、今あなたがいるここが3つ目の『日本語教師のN1et(2017年~)』です。

なぜ私がこのようなサイトを作り続けるのか、ずばり「こんなサイトがあったらいいなあ」という私の願いから生まれたのがこのサイトです。
この仕事を始めた頃の私は疲労困憊で、ネットの海をさまよい助けを求めていました。しかし、数は少なく、どれも情報が古い、不正確、使いにくい、と結局頼りになるサイトはありませんでした。そして思ったのです。
「自分で作ってしまえ」
思い立ったが吉日、早速サイト作成に着手しました。
サイトがない→自分で作る、論理が破綻していますが、とにかく当時の私はそれが正解だと思ったのです!

より新しい情報を、正確に、使いやすく、とひたすらサイトをいじり続け気づいたら3つ目です。1つ目はもういつからやっていたのかも思い出せません。

当時の私のような困り果てただれかにとって、このサイトが少しでもお役に立てれば幸いです。

日本語教師のN2etからの変更点

現在前身サイト、『日本語教師のN2et』からの改良中です。日本語教師のN2etからご訪問になった、ご利用になっていた方はまずこちらのページをご覧ください。

PC以外の端末に対応。画面が可変に。スマホで見やすく

N2etではパソコンで見やすいように、横に長く文章を記述していたが、それを縦に並べた。具体的には以下のような構成に変えている。

N2et 23課スクリーンショット

N1et 23課スクリーンショット

N2etの書き方だと、スマホで見た際に、変な改行が入ってしまうのを防ぐため、N1etのような構成にした。していく。

文章の内容も、わかりやすく書き直している。

コンテンツの追加、充実

追加したものとして「ブログページ」などがあるが、他にも教案やおすすめ参考書、授業のコツなどは単なるコピペではなく、これまでN2etでは出し惜しみしていた情報(導入時の例文や最後の活動など)、板書例も余すことなく載せている。情報の見直しも新たに行っており、情報量はざっと見ても3倍程度にはなる。

N2et 18課スクリーンショット ↓

N1et 18課スクリーンショット ↓

みん日系の2版対応

N1etでは1版についての記述はなし。教案から一覧(動詞や副詞など)まで全て2版に対応したものを掲載

更新

これからはN2etの更新はせず、N1etにのみ注力していきます。

 

なお、レッスンに関すること以外のご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA