JLPT文法解説:つつ(も) N2

用法① 同時

接続:Vマス+つつ

1.2つの動作が同時に行われることを表す

2.非常に硬く、使用場面は限られるので、いくつかよく使う動詞をあげ、慣用的に教えた方がいい

比較文型:「つつある N2

比較文型:「ながら N5

置換可能だが、ツツは硬く、慣用的に使う場合が多い

例文

この旅館では景色を楽しみ 温泉に入れます

祖母は家で家事をし 生け花を教えている

用法② 逆接

接続:Vマス+つつ(も)

1.話者が後悔(てしまう)

2.慣用表現が多い

3.Xに瞬間や状態は×
 ×日本語学校にい/へ行きつつも、学校では中国語を話してしまう
 ×友達にお金を借りつつ、全部使った

4.逆接の表現だが、使われる形はほとんど「…は悪いと思いつつ・…と知りつつ」で、わかっているのに我慢できずにYする、というような事を言う時に使われる

一緒によく使う言葉

…は悪いと思いつつ・…と知りつつ

比較文型:「ながら N2

ナガラN2にもまったく同じ用法がある

例文

明日がレポートの締切だと知りつつも、遊んでしまった

高齢者を騙すのは悪いと思いつつも、売らなければ自分がクビになってしまうのでやっている

ダイエット中だから悪いと思いつつも、ケーキを食べてしまう

悪いと思いつつも、カンニングしてしまった

彼女は笑いつつも、心の中では泣いていた

店員さんにかわいいですねって言われ嘘だろって内心思いつつも、嬉しかった

飲むと激しくなる性格いい加減直そうと思いつつも、毎回ぶっ飛ぶ

自分では良くできたと思いつつも、こんなので本当に良いのか?とも思えます。

給料分はちゃんと働かなきゃ!と思いつつも、眠い

N1et、管理人による日本語教師養成レッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA