JLPT文法解説:という(って) N3~N2

用法① 内容や名前の説明

名前の紹介はみん日L1でやるのでN5、名前の説明はL51でN4、内容の説明はN3だが、全てここに入れる

接続:フ(Na(だ)・N(だ))+という+N
口語:フ(Na(だ)・N(だ))+っていう+N/って+N

1.名前と内容説明に大別できる
名前
 ・私はカキアゲという者です
内容
 ・父が亡くなったという知らせが来た

2.トイウは必要か
 A生きるという事は難しい
 B生きる事は難しい
AもBもほぼ同じ意味であるが、気取った、格式張った感じが出る。さらに、それだけではなく、会話の場合は『相手が知らないであろう事』と話者が強く思っている場合にもトイウが用いられやすく、会話ではない場合は話者の驚きなど、感情の揺れが文から感じる事ができる
 ・田中さんが結婚した話を知っていますか
 ・~という話を聞いた(知らなかったという驚きを表す)
ちなみに、Bは「生きるのは難しい」とノで言い換えもできる(L38既出)

例文

日本語教師という職業に就きたい

昨日リングというホラー映画を見た

用法② Xは全て

接続:N1+という+N1

1.Xは全て

2.XとYは同じ名詞がくる

例文

その俳優は賞という賞をかっさらっていった

人という人が花火の鳴る方を見た

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。サイトには載せていないアイディアや教材、文型の違いをお教えしています。詳細はこちら

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA