学生がキレた時の”店長”の対応

私の二倍はあるんじゃないかというぐらい巨体の学生がキレた。原因や過程は省くが、久しぶりに肝が冷えた。まず頭にあったのが「私はこいつを止められるのか!?」という心配。学生が立ったら恐らく女クラ気味の全員がかかっても弾き飛ばされただろう。

どうやって収拾したのかも省くが、とにかく

冷静さは大事だと強く感じた。授業後学生が謝りに来た。感情をコントロールしないといけない、大声出したら女性はびっくりするし泣いちゃう(実際泣いてた)からやめようと説いた。

曰くカッとなると止まらないのだそう。「カッとなったら7秒待ってみて」とどっかで聞いた話をしたら、大変感謝された。

毎日いい意味でも、悪い意味でも暇しないこの仕事。飲食店で働いていた時にもキレる客はいた。だけど、バイトだったから笑えた。しかし、クラスでは、私はその時間帯責任者で、学生がキレる原因も収める手段も全て”店長”の私にある。

当サイト、管理人による日本語教師養成プライベートレッスンを行っています(skype可)。詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA